漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外天楼

外天楼 / 石黒正数


まぁそりゃ絶賛もされるんじゃないですかね?
のっけから冷めた感じの物言いで登場した
俺○○(君のお母さんの名前を入れよう!)

さて、なんだか全く関係ない話をしながら
じらす様に、感想を書いていくわけですが

すごく面白い!

のだけど、それをただただ
ただただ単に、真っ直ぐストレートに表現してしまうのは

なんともまぁちゃうやろなぁ
そんな事、ないのかなぁ

と微妙な感情も渦巻くのです。
そんな感情を表現するべきかどうなんかなんて
つまりは煙に巻くような痛い態度なんですね。


漫画の解説をしてしまえば
瑣末な事さえネタばれが怖くなる
この漫画の内容においては先入観なしに
読んでもらいたい
そんな漫画です。

ただし、せっかくなら石黒先生の他の漫画を読んだ上で
読んでもらいたいとも思う

その外部的情報の文脈によって偏見を持った形で
是非読んでいただきたいと、これは個人的な思いです。

ということですから
オススメするにあたっては
内容に触れるか
と言うのは悩ましいところなのです。

なぜかここで急に意識高い感じになるとすれば

少なくとも「ブログ記事の価値を得たい」等と言う感情を持たずに
真にお勧めしたいと
ブログとして社会的文化的貢献したいと
そう思えば
内容は完全に伏せるのでしょう。

なんてことが、言えるかも知れません。
今の俺すごく格好いいです。


まぁ読まれなければ仕方ないのだけど
読んだ時の事を考えればね

自分がほぼ漫画の内容など気にせず
それは石黒正数フリークですから

もちろんそれは期待と、同時に
「まぁ毎度名作なわけもあるまい」
と言う舐めた姿勢で、読んで

まぁ見事裏切られたので

勝手にミスリード食らった感じだったのですが



話に繋がりはあるが一話完結が基本の石黒先生です。
それ町にしても、まぁアガ・・・

石黒先生の基本的なスタイルとしては
ミステリー好きなんやろなぁ
と、思います。

叙述トリック的ミスリードを多用するので
この外天楼も話を読みながら
そんな「らしいなぁ」
と言う感じに溢れていて

石黒先生の作品を知っていればいるほど
その全体的ミスリードに面白く嵌れるんじゃ無いかと思います。

なかなかね石黒先生の他の漫画は読んでるけど
これだけ読んでない、なんて人は先ず、いないのでしょうから

意味は無いのかもしれませんが

ほぼ内容に触れない
感想と相成りました。

まぁ最後に、自分はこう言う風にしてしまったのかぁ
等と思ってしまったこともありますんで

無論ネガティブな意味合いを多分に含んでいるわけではなく
良い意味も含まれますが
多少穿ったと言うか、引いた視点ではあるので
作者の意図とは恐らく違うのだろうとも思うわけで

必ずしも、他の漫画を読んでいなければ楽しめないと言う訳でないし
その方がより楽しめるのかも知れない

ただある種パロディ的な面白さを感じるためにも
何らかの知識や偏見を持って読むのを個人的にはオススメしたい。


外天楼 (KCデラックス)外天楼 (KCデラックス)
(2011/10/21)
石黒 正数

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2012/04/13(金) 21:34:20|
  2. 感想・少年・青年漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現在の目標的な

カテゴリ整理してみました。

ブログについて

現在の方針であったり
目標であったり

まとめておく
必要あるんかい?

とか思い出すと
ないよねぇ
そりゃとなってしまうので
考えない、考えない


昨日2012/4/11に
鬼太郎の感想的駄文を書いてみまして
うむ、なるほど
(アカン)



面白いを伝えるために
ある程度自分の思う「面白い」を理論、体系的に
捉えて提示したいけど

なんなんやろねぇ


まぁこの記事のように
散文的に書いていった中から
なんとか掴んで行くか

若しくはしっかりと思考、考察していくか

後者はなかなか上手く行っていない

過去の記事を見ると
どうもね
いかんでしょ
と言いたくなる
記事もあるわけだけど

なぁんも考えずテキトー書けていたのは
ある意味良かったのかなぁ・・・

なんて思う

あぁ情報を発信しましょう。
  1. 2012/04/12(木) 23:02:35|
  2. ブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲゲゲの鬼太郎 少年マガジン/オリジナル版

ゲゲゲの鬼太郎 少年マガジン/オリジナル版
著者 水木 しげる

さて
ゲゲゲの鬼太郎の説明はまず不要でしょう

そう言った意味で今読むのと当時読むのでは
きっと読んで感じるモノと言うのは当然に違うでしょう

当時の少年マガジン読者の鬼太郎の認知度だったり
時代背景を読み解けるほどの知識はないわけで

批評を書くには力不足ではあろうと思いますがね

なにか思うところもある
自分語り・・・


さて、貸本時代等もあるゲゲゲの鬼太郎ですが

こいつは少年マガジン掲載のものをまとめられたものです。

まず、この文庫本にあって
最初に設定集やエピソード解説等をまとめられた
「妖怪大作戦」があるものの

当時掲載は連載後いくらか過ぎてから
だった様で

本編、なんの説明も無く鬼太郎が活躍するのだが

と言うかまず最初の話しからして
鬼太郎の手だけが活躍すると言う

ずっと手だけ、手のみの状態を除くと
鬼太郎自身の登場なんと5コマだけである
最初がこれって大丈夫だったんだろうか?

なんて瑣末なことを考えながら

まず設定がテキトーだ
事後的な説明的復活を繰り返す鬼太郎は不死身である
何故なら鬼太郎の強い生命力勝つのだ

設定を生かした勝利の様なものは(あまり)ない

緻密な話と言う感じではなく
大雑把であるが

痛快である

しかし意外と鬼太郎が活躍しなかったりもする
結構簡単に負ける、けれども不死身だから心配は要らない

なかなか現代に鬼太郎を知らず読んで楽しめるものなのか?

とか悩んだりもするが
あいにく知っているわけでこれが案外と言うか
面白い

内容は悪い妖怪との戦いもあれば
日常のいたずら的エピソードだったり様々なので
なるほどと言った感じを受ける

何より面白いのは
会話劇なんだろうと思う
鬼太郎、目玉のおやじ、ねずみ男
この三人(?)が時折見せる会話と言うのは
なかなかにして面白い

一言で言ってキャラクターの魅力なのだろうが

鬼太郎はやさしい妖怪である
人が妖怪に苦しめられていれば
どこからともなくやって来て
助けてくれるという
明らかに怪しいが

うむ、怪しいものではないだろう
と受け入れてくれる辺り絶対罠だが罠ではなかった。


シリアスなシーンのはずも
どこかコミカルであり
泣ける展開もなければ
人生を教わることもない

そして読んだ感じ明らかに古い漫画であるけど

娯楽的で、まさに漫画の楽しさがあるんだろう

「漫画に必要なものって教養になるとか
緻密で完成度が高いとかじゃないよなと

押し付けがましくなく
ただここに面白いものがありますと
慎ましく淡々と提示され

深く考察などせず
ただなんとなしに読んで面白いと思える
痛快さは魅力的だ」

この常に新しい物の消費に追われる社会にあって
1960年代に描かれ2007年にまとめられたこの商品ではあるが
手にとって見るのもまた面白いのではないだろうか(・ω・)

とりあえず「」で閉じた部分を
萌え系4コマ漫画辺りに
当てはめたら、なんかそれっぽいので
結局何も言ってない気がする。

苦心の結果、結局俺に有効な感想など
到底書けるものではなかったのだ・・・

というところでこの記事は終わりにしたいと思う。


少年マガジン/オリジナル版 ゲゲゲの鬼太郎(1) (講談社漫画文庫 み 3-5)少年マガジン/オリジナル版 ゲゲゲの鬼太郎(1) (講談社漫画文庫 み 3-5)
(2007/04/03)
水木 しげる

商品詳細を見る

  1. 2012/04/11(水) 23:58:02|
  2. 感想・少年・青年漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野球見ふける

グラシン、エースか

グライシンガー立ち上がりどうなることか思いましたが
なんとか切り抜けた後は尻上がりに調子上げて
お前、エースか

2試合連続の無失点投球で8回までを投げ
打線は2得点だけだったものの
最後は守護神薮田がエラー絡みで1失点も
なんとか連敗脱出

今のところまだ日本ハムファイターズにしか負けてないですから
他は完璧ですから
現在下位3球団には全勝です!

なんか不安な感じですけど

まぁ千葉ロッテマリーンズとしては明日からがまた大事ですね

グラシンがかなりいいみたいなので
成瀬、唐川がもうちょい調子上げてもらえれば
藤岡はまぁそこそこやってくれそうだし

あとはペンや渡辺俊介、小野さんもね2軍で投げたようですが

この辺りがどこまでやってくれるか
まぁもう打線はね・・・
仕方ないって所ですが

頑張ってもらいたいですね

ちなみにグライシンガー
勝利数トップタイ、防御率トップタイ
奪三振数トップ、奪三振率トップ
被安打率も最良

エースですわ
まだ2試合の登板だけですけどね
  1. 2012/04/10(火) 22:23:09|
  2. 野球ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本格再開を目標に

ちょっといろいろ感想やらね

書こうって視点で漫画読んだり考えたりしてみてます。


予定としてはまだまだ先を考えてますが・・・

これだけ(謎の何かを)引っ張っていると
素晴らしいブログの誕生を予感させますが

そんなことはないでしょう


自分を見つめ直し目を背け
目を瞑り眠る・・・

風呂に入ればシャワーを浴びて
トイレに入れば排泄をする

食事の時にはTVは見ない
なぜならテレビがここにはない

コーヒーには気分で砂糖もミルクも入れるし
ブラックで飲むことだってある

僕は、そんな人間でありたい


しばらくは雑記ブログで野球中心にお届けしようと思う

野球ブログを作れ。
つくらんけど
  1. 2012/04/09(月) 23:14:01|
  2. ブログについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。