漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊少年マガジン26号

週刊少年マガジン26号

さよなら絶望先生 140話 / 久米田康治
歯に衣着せぬ発言
衣替えの時期に発言も衣替え
いろいろと言い替えてみましょうというお話でしたが

まぁハイライトはあまりにも急展開なオチですが
オチていたのか?

ここのところ個人的にはハマるネタがないのだけど

言い替えてあることって結構多いですよね
と言う感じで、特に目新しさもなく
それほど来るものなかったなぁと、今回も

→まぁ、個人的に外れた回で面白くなくても
楽しめるのが、絶望先生のいいところです。

School Rumble(スクールランブル) 275話 / 小林尽
天満医者目指すとか
誰も治せないなら自分が治すと

とんでもだけど妥当な展開か

しかしせっかくの重たい展開が
ちょっと持ったいないかなぁ・・・とも思ったり

とりあえず、これはまとまったのかな?

まぁ一つ一つエピソードを消化していくのは
なんだかんだいって面白い
スポンサーサイト
  1. 2008/05/28(水) 20:22:59|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年マガジン25号

週刊少年マガジン25号

School Rumble(スクールランブル) 274話 / 小林尽
烏丸は死ぬわけではなかったのね。
思考することが出来なくなるそうです。
なったようです。

まぁするとだ、やはり何も言わずに去ろうとした
烏丸の判断は正解だったのかな、と

ハードな展開だなぁ
生きている人間は消えない限り
過去の人にはならないだろう

烏丸は決めたはずだったが・・・

今こうして再開してしまったわけだが
うん、してしまったって感じだなぁ

ぜんぜん落としどころが自分には見えない
烏丸の奇跡の回復とか、そういう展開か?

う~ん・・・

さよなら絶望先生 139話 / 久米田康治
突然キャスティングボートがやってくる
一人の人間が大勢に影響を与えるそんな場面は
いたるところに存在する。

と言うお話

しかし、漫画の話ですか
まぁ確かに少年漫画の王道

突然キャスティングボートかも知れないが
それは少年漫画にキャスティングボートが多いのではなくて

そうでないと話にならないと言うか前提条件というか

野球漫画が野球ばっかりやっている、レベルの話ではないか?
いや言い過ぎか

とにかく、そこから話を広げなきゃどうでもいい話過ぎるだろう
次の展開への寄り道でしかないじゃないかぁ・・・

まぁだから何って漫画でもないのだろうけど。
そこを楽しんでいいのかね?
  1. 2008/05/21(水) 20:28:53|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年マガジン24号

週刊少年マガジン24号

School Rumble(スクールランブル) 273話 / 小林尽
なんかシリアス一辺倒
そういった1話

烏丸が倒れるその直前に
天満に気持ちの告白をする

涙を流して気持ちを伝える

けどその天満は幻?

まぁここまでのコメディの裏では
烏丸の命を削る青春があったと言う話か

良いか悪いかは分からないけど
全ては結末を見て、と言う感じ

さよなら絶望先生 138話 / 久米田康治
良くも悪くも結果よりも過程が重視される日本

出世の過程が評価される漫画?
結末の無いバスケ漫画?

あたり、なんかずれているような気もするが
まぁそういうことなのか、

だとすると、結構、いつものノリとは裏腹に
どうでもいい話だ

いや、まぁいつものことなのか

その流れで最後のアニメの話はいいのかね?
  1. 2008/05/14(水) 20:10:01|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年サンデー23号

週刊少年サンデー23号

呪法解禁!!ハイド&クローサー 18話 / 麻生羽呂
えぇ・・・これは・・・

まぁボス的なね
相手がすこし見えた感のある展開で
パワーアップしたいと願うのは春瓶

神藤センパイにお願いすると
なんか呪術の媒体になると言う
呪具を売っている闇市に連れて行ってもらえる

なんと言うか・・・

ファンタジーな展開だなぁ・・・
まぁファンタジーなんでしょうがね。

ちょっとこれは付いていくのがやっとって所かな
個人的には

で、最後に出てきたキャラクターが、
これなかなか可愛いじゃないか

こりゃあ・・・

雨竜さんはお役ごめんですかね。

お茶にごす。 52話 / 西森博之
肝だめし
今度は山田、夏帆ペア

今回グラビアが夏帆さんのサンデーですが
特に絡める必要のない話でした。

いやぁ今回、夏帆ちゃんかぁいいw展開ですw

なんかヤーマダくんは結構楽しんでると言うか
肝試しの雰囲気にビクビクしながら、
夏帆可愛いと思ってるようですが

思ったようにアピール出来ずに失敗して。
それはみた夏帆ちゃん、喜こんでいる

カップルになるかは疑問がありつつも結構なコンビです。

そして「つぎはどうやって・・・」
と考える夏帆かぁいいw

これは大変に萌える展開です。
これはもうどうしようもない。

でも最終的に主役奪っていくのは・・・
樫沢さんなんだよなぁ・・・w
登場一コマ一言もセリフなしなのにこの破壊力w

すさまじい・・・
  1. 2008/05/07(水) 20:20:42|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年マガジン23号

週刊ヤングマガジン23号

さよなら絶望先生 137話 / 久米田康治
プラシーボ効果、つまり思い込み効果ってやつね
副作用もあるよとか

怪しいお札が出てきたり。

貼ると漫画が面白くなるらしい

しかし、アニメ化のおかげで面白いような気がする。
ってのはいかがでしょうか?

そして後半は勝手に改造ネタで
何か、なんて言うか
とても何かと争っているようななにかを感じた気がした

気のせい、かな

School Rumble(スクールランブル) 272話 / 小林尽
なんかお嬢と播磨の仲がつこし縮まったと言うか
そんな感じもしますが

でまぁなんか格好つけた播磨が
どう動くのかってところですか。

最終章と言う雰囲気はあるものの
結局どう落とすのか

っていう、落としどころは
自分にはまだ見えてこない。
  1. 2008/05/07(水) 19:45:01|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。