漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スプラウト (7)

スプラウト7巻

最終巻

いやぁ・・・









結ばれてしまいました。
まぁそう見えます。

まぁいろいろとありましたが
こうやって感想書きたくなるんだから
いい漫画だったんでしょう・・・

しかし最後までウザみくでした。

最高の名台詞
「迷」じゃなくあえて

草平とみゆが別れたと聞いて
草平にみくが聞く

「あたしのせい?」

うぜぇえええwww
よくこんなのと仲良く出来るなぁw
草平優しいんだね

誰でも良かったのはお前じゃないかとw
まぁだからみゆは別れを切り出したんだよね

(ここから妄想です、ご注意ください)

みゆは草平が好きだったはずなんだけどねぇ
誰でもよかったのか?
と言う問いにだよね
その問いに草平自身がだれでもいい人間だと知ったし
それと同時にそれを口にすることが気持ちが離れたのを意味すると
分かったみゆは、自分が受け入れれば、
それでも関係を続けようとするであろう
やさしい草平を自らふるという形で
関係に終止符を打ったわけだ

そもそも誰でもいいなら、その誰かに自分がなろうとするのが愛ですよ

自分が特別な世界にひとつだけの存在だと思うのは構わないが
特別なものとして愛されたいと願うのはただのわがままです。

生命は常に競うことによって歴史を作ってきたのですから。

そこでワタクシは
みゆがうざいといわれてきた理由が分かる7巻だったと
ここに結論づけたいと思います。

物事によく気づき
多くのことを受け入れることができるが
自分のことを他人に説明せず
良くも悪くもわが道行く人なんだ

自分の中でしっかりと考えを持って
かといって、それを人に押し付けず
人の気持ちを尊重するが
しかし流されない

それは周りから見れば自己中心的に見えたのだろう

と、まぁ勢いで、書いたので、また読み直せば、
妄想も変わるかも

まぁ正しい楽しみ方が出来たかはわからないけど
おもしろかったかなぁと思います。

スプラウト 7 (7) (講談社コミックスフレンド)スプラウト 7 (7) (講談社コミックスフレンド)
(2008/05/13)
南波 あつこ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2008/05/25(日) 00:22:09|
  2. 感想・少女・女性漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

悪魔とラブソング (3)

悪魔とラブソング3巻
桃森ミヨリ先生の漫画

マーガレット連載

いやぁなんというか
マリアに降りかかる展開が多少強引な気がしないでもない。

ここまで、都合よく嫌な奴集まるかぁ?
と言う、まぁご都合主義みたいなもんは感じますが。

そこを我慢できれば、面白い。

まぁ嫌な人間たくさん、のように見えるわけで

そんなかたがたをスカっとやっつけてくれないかなぁと言う
期待を持ってみればいいのでしょう。

とりあえず、
嫌な奴は嫌な奴。
いい人はいい人。

はっきりしすぎているけど、見せ方に失敗はしてないかなと

でもちょっとこの巻の後半
ハナさんの嫌な感じが失速かなぁ
仲がよくなるなら、一回落としてからお願いしたいw

どうなるか分かりませんが。
あともうちょっと、仲間が欲しいかなぁ。

まぁ今回、なんだか
マリア、めぐ、優、香坂の4人がパーティというか
グループで定着したようで。

これはなんとなくいいw
なんかわくわくする。
わくわくさんする。
久保田雅人さんする。

まぁ特に何かあるわけでもないんですが。

個人的には
3巻目にきてやっとこの漫画のノリになれてきたかなぁって感じで
ある程度素直に楽しめたかなぁと

面白かった。

悪魔とラブソング 3 (3) (マーガレットコミックス)悪魔とラブソング 3 (3) (マーガレットコミックス)
(2008/02)
桃森 ミヨシ

商品詳細を見る
  1. 2008/02/26(火) 18:57:37|
  2. 感想・少女・女性漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGライフ (4)

NGライフ4巻
草凪みずほ先生の漫画

花とゆめ連載

順調に前世関係者が増えていきます。
そんな中で新設定、と言うか、新展開と言うか

まず、今回の前世関係者は
名前、アグライヤ、女性

現世での名前、榊原朱奈(さかきばら しゅな)

前世での敬大との関係は敬大の上司的な
まぁ敬大は傭兵だったのですが、その雇い主と言うことだそうです。

闘技場で死にそうだった敬大たちを雇ってくれた
命の恩人だったそうです。
優しい人、敬大がすごく尊敬している人

そしてもう一人ディロスと言うなの男性です。
前世では、アグライヤに仕えていたが
金のためだけって感じの
嫌な奴、それが現世でも、朱奈の幼馴染として側にいる
さらに記憶があると言う

まぁそしてその出会いの中で
重要なネタといえば、朱奈さん、
アグライヤの前世の記憶がある日突然なくなったらしいと言うこと

記憶が消えると言う現象が起こるという設定の投入です。

これは・・・どうなるか
それを聞いて、自分もいつか記憶が消えてしまうのかも・・・
なんて思う、敬大

まぁ今まで落としどころが見えなかったこの漫画ですが
この設定がちょっと機能してくるかも?
って感じですね

そして敬大が気になるモノローグ発したりしますよ。
芹沢を見てロレイウスの姿が重ならなくなった、と

まぁ記憶がなくなる悲しさかなぁ・・・
でも、なくなれば、芹沢とのカップリングに障害なくなる、
やった!てなのもありだよなぁ・・・

記憶が消えると言う現象の登場で
これからの展開が気になる感じです。

そんな状況で、芹沢と敬大のラブコメ展開も加速
かと思いきやセレナもしっかり出てきて、どうなるんだか相変わらず分からない

特に気になるのは、5巻の予告ですが
裕真に前世の記憶が?

と言う感じの意味深な予告
記憶が戻ったら大変だなぁ・・・

とまぁ物語の進展を予感させられるような展開が
目に付いた4巻ですが

もちろんコメディな所もしっかりあります。
最初の方ではセレナの国や
最後の23話の敬大ぼけっぷりなんかなかなかですw

新キャラ交えてどんどんと賑やかになっていくNGライフですが
物語の進展も感じさせつつ

今回もとても面白かった

そして、気になる予告もありの5巻が待ち遠しい。

NGライフ 4 (4) (花とゆめCOMICS)NGライフ 4 (4) (花とゆめCOMICS)
(2008/01/18)
草凪 みずほ

商品詳細を見る
  1. 2008/01/29(火) 18:10:12|
  2. 感想・少女・女性漫画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

スプラウト (6)

スプラウト6巻
南波あつこ先生の漫画

別冊フレンド連載

なんだかんだ言って好きです。スプラウト。

まぁよく分かりません
これからどうなるのか
二人、もしくは三人かな、の関係は
そこまで、進展、とかはなかったのかな
いや、まぁ結構あったんだけど
とりあえず、きっかけ的な感じかなと

その一方で、その関係がどう変わっていくのかなぁ
と言う、話の方は展開してますな

草ちゃんがミクちゃんの家から出て行くことに決めるようですよ。

今回どうなるのかなぁと思いつつ

もっとミクが必死になれば結構面白くなりそう!
と言う希望に満ちた巻だと思いましたよ

みっくみくにしてやんよ!
位の勢いでね!

なにか今僕は人生の過ちを犯した気がする・・・

まぁもっと周りをかえりみない
それこそ、ウザミク度100%で
みゆちゃんから
草平奪いに行く感じで

このスプラウトの冒頭、
実紅の元カレ、先輩のような必死さを見せてくれればいいなぁ

そのさいに、草平からは余り歩み寄りを見せないで欲しいと言う条件付で

それで、くっつこうがくっつくまいがどっちでもいい

「ずっといればいいじゃん」
と言ってしまったシーンように

あとは草平の覚醒

いつか決めなきゃいけないわけだが
ただみゆの方が脆そうだからなぁ

実紅はなぁ・・・
なんだかんだ普通な感じでしょう。

みゆは・・・
出会う人によっちゃ堕ちて行きそうだよなぁw

草平はそんなみゆを放って実紅を選べるのか?

草平もそんないい奴と言うか
そこまで、考えるか?
と言うのはありますがまぁまだ高校生でもあるし

でもなぁなんか実紅を選んでハッピーエンドが想像できないかといって、
実紅を選んでバッドエンドですよ。なんて話にも出来るわけない。

これはもう草平が不治の病にでもなるしかないかw
もしくは実紅が。

う~ん・・・
まぁ難しいとは思うのですが

なんかどこに向かうのか分からないけど
まぁとりあえず、面白くなりそうだなぁ
と言う感じはなんとなくしました。
もちろん今までも面白かったんですけどねw

ま、帯によると、なんかクライマックスらしいんですが
やっぱ、最終的な落としどころをどうするのか期待を禁じえない。

スプラウト 6 (6) (講談社コミックスフレンド)スプラウト 6 (6) (講談社コミックスフレンド)
(2007/12/13)
南波 あつこ

商品詳細を見る
  1. 2007/12/17(月) 17:07:23|
  2. 感想・少女・女性漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪魔とドルチェ (2)

悪魔とドルチェ2巻
鈴木ジュリエッタ先生の漫画

ザ花とゆめ連載
1巻感想

とりあえず、今巻で恋人同士になったようなそうでないような

いやぁ面白いなぁ
いろいろと出てくるキャラも面白いけど

やっぱり二人の距離感の分からなさがいいw

まぁマユリはビュートが好きです、大好きです。
ってのは分かりやすいのだけど

ビュートはマユリをどう思っているんだか
菓子にしか興味ない風でありながら
他の男と仲良くしたりすると嫉妬してみたり。

でも基本態度は冷たい感じ
まぁツンデレなのかなぁオラにゃんなのかなぁ・・・

でもデレって感じじゃないかなぁなんて思ってたら
今回は最後にデレっぽい部分も見せたり。

照れからくるツンではないところがまた良い感じだ

他にもマコが良いキャラしてるなぁw
と思うんですが、出番は少なめ
もうちょっとマコの出番を見たいなぁ

なんかね読んで見てやっぱり面白いんだなぁと思いました。

最後には友達が出来たらしい

キャラクターが魅力的なんで
もっといろんな話が読みたいなぁと思います。

悪魔とドルチェ 2 (2) (花とゆめCOMICS)悪魔とドルチェ 2 (2) (花とゆめCOMICS)
(2007/11/19)
鈴木 ジュリエッタ

商品詳細を見る
  1. 2007/12/05(水) 21:43:09|
  2. 感想・少女・女性漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。