漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊少年サンデー32号

ハヤテのごとく
メイドさんのお話のつづきです。
冒頭ワタル君が言います「ターン・・・してくれないか」と
サキは断ります、ワイセツな匂いがするそうです
メイドのターンなんてワイセツ以外の何物でもないですよ
ハッハと思いながら読んでると

メイドの心は手に入れるためには
ミニスカだとか言いだしました

チョッットマッタァアアアアーーーーー!
ミニスカメイドなんて・・・
ミニスカメイドなんて・・・
ミニスカメイドなんてメイドにあらず!

メイドたるものミニスカはいて
良いわけないでしょうが!

ボクは・・・ボクは・・・

ミニスカメイドが・・・大好きですッ!

結局神父は成仏しないのね。
エイプリルフールだってさ。

さて
最後にマリアさんとナギのこの話に置いて
はぶられてるんじゃないかと
4人の中の
ピンクの髪の
メガネの
巨乳
くらいはぶられてるんじゃないかと
言う話です・・・

ちなみ関係ありませんが
「思い出がいっぱい」はH2Oの歌です。

メジャー
ギブソンが倒れ
そしてゴロー対ジュニアの打席が・・・

頑張れジュニア!

魔王
安藤君の未来はどうなのよ・・・
って話かな

で安藤君が変わりつつあると
まぁどうなんだろうね

まだ微妙な感じです。

お茶にごす。
夏帆が凄いいやなやつです。
でもなんかマーくんと良いコンビじゃん?

マーくんはやっぱり良いやつ?

DIVE!!
やっぱり展開の速さに戸惑い気味
だけど作画の魅力を感じつつある。
動きのある作画は結構いいよ、これ

飛び込みの説明が多い分展開は速いけど
話の進みは遅い、つまり説明にページを取られてるね
説明自体はべつに悪くないけど。

レンジマン
はい、さんざん言われてますが終わりが近いのかな?と
今回はそれが露骨に出てる感じの話です
実際のところは分りませんが。

ネタバレ風味です。

風香がついにレンジに告白します。
勢いで、

今まで告白する側、そして振られ続けたレンジ
果たして風香の告白にどう答えるのか・・・
そしてこのあとどうなるのか

なんかドキドキするよ僕・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/07/11(水) 19:00:50|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年マガジン32号

はじめの一歩
伸びる腕の謎・・・
ついにその謎が明らかに!?
マジシャン青木はついにマジックの種に気づいた

しかしマジシャンたるもの種明かしなんてしてはいけませんよ!
マジシャン失格です!
まだ何なのかは分かりませんヒントだけ。

School Rumble(スクールランブル)
メガネ・・・
実らない恋の切なさ!
燃える女の戦い。

ボクはもう・・・

ふぅ・・・

さよなら絶望先生
祝アニメ化です、拝見しましたが絶望しました。

そこは勝負するところじゃないだろう・・・
と言う話ですが

気になったのがこれ
大差のついた試合での乱闘
野球ですね・・・
大差ついたから乱闘するんじゃね?
僅差でも勝負するところじゃないんじゃね?
と思った・・・と言うのはまぁいいとして

芸人がコミック
とあげられてましたが
漫画家が言及していいものだろうか
大御所とかならまだしも
久米田先生のポジションでは微妙だなぁ
ちょっと心配なところだなぁ
久米田先生、そこ勝負するところですか?

その後それはプロのこだわりなんだとなって
最後には少年誌のタブーを破る!
として乳首にトーン張ってました!
糸色望先生の半裸が拝めます
艶めかしいポーズをおとりになっています
そして最後に少年誌の3つのタブーが書いてありました。

男性キャラの乳首にトーンを張る・・・生々しいもんね
作家いじり・・・うん、だって生々しくなるもんね
ヒロインの妊娠・・・もう生々しすぎるもんね。

オイ!最後に挙げてるのが2番に当てはまっとるんやないか!?

久米田先生!そこ勝負するところですか!?

涼風
何かと話題のこの作品ですが
さて、有馬君に打ち明けてしまった大和君
有馬君いい切りました「俺だったら降ろす選択しかない」と

大和は切れました涼香の身体に何かあったらどうするんだよ!?
他人事だからそんな無責任なこと言えるんだと
しかし大和君がどうするつもりなのかは分かりませんが

有馬君が言いました「一番大事なのは陸上だろう?」と
他のことに気を遣っているひまなんかないと。

大和君は言いました「朝比奈が一番大事だと」

そして最後の柱にこうありました
それぞれの譲れないもの、ぶつかり合う、まさに青春
みたいな感じのこと
こんな青春できれば勘弁願いたいところですが・・・。

キス☆クラ
さてそろそろ終わりを感じさせる展開になってきましたが
どうか・・・

二人の関係もなんだか縮まっているように見受けられます。
そして従僕はついに主人対する恋心を自分の中で認めます。
従僕と主人の禁断の恋は成就を迎えるのでしょうか・・・

  1. 2007/07/11(水) 18:32:58|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。