漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電脳コイル11話を見て。

今回(?)分かったこと

ダイチは駄目すぎる

京子の「うんち!」には情報が含まれている。

イリーガルには種類がある、
メタバグを食べる、テクスチャーを食べる

イサコが追っていたイリーガルは
メタバグを食べて濃縮する性質らしい

カメラのお兄さん曰く
今回のイリーガルは「奴らとは違う」らしい

原川玉子はメガばあと過去の確執があるらしい

原川玉子は昔メガばあの家のこたつでお寝しょをしたらしい。

4年前に貸しがあるらしく、
メガばあは「骨身にこたえたわい」と言っている

なんか今回とんでもない大事件な気がするが
原川のおばさんの一人の判断で首謀者を無罪放免に出来たようです。

あと、ダイチのテクスチャー云々。

今回のイリーガルは電脳ナビの異常には無関係らしい!?

今回は謎に迫る感じではないけど
いつものように、気になるところはチラホラと
スポンサーサイト

テーマ:電脳コイル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/21(土) 19:15:00|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

神様ドォルズ (1) ~妹には萌えちゃうけども~

神様ドォルズ、1巻
やまむらはじめ先生の漫画です。

月刊サンデーGX(ジェネックス)連載

強大なパワーを持つカカシ
ロボットのようなものと言えばいいのだろうか?

そんなカカシを操り、
歴史を歩んだ村があって

カカシを操る人々を隻と呼び
カカシを神様として祀ってたりして
隻はなにをしても無罪放免
なんて特権もその村にはあるらしいが

とんでもないパワーなわけで
人を殺すなんかも容易

それで、まぁ事件なんかもあったらしく
それは今後の展開に絡んできそうではありますが。

で、そんな隻達が村を出て
都会へ進出して
もう大事件、繰り広げるんじゃないかなぁ
って話

なんで、村を出てきたかと言えば
まず、そんな村が嫌になって
村から出てきた元隻の枸雅匡平(クガキョウヘイ)
それを追って出てきたのが
事件起こして、村で幽閉されてたはずの阿幾(アキ)
その阿幾をとらえるためと、
兄である匡平に会いに来たのが詩緒(ウタオ)
ロリっ娘です。
それに1巻終わりになって他にも
隻らしき人物の影が見えて・・・

と言うところ

(村の)内輪もめが、
(都会)周りを巻き込むという感じが
面白いかなぁなんて思います。

雰囲気としては、
なるたるとか、鉄腕バーディーなんかに
似てるかなぁと思ったりした。

現代を舞台にしたファンタジーってところでしょうか。

死体の描写がいいなぁなんて思ったりしました
それなりにグロです。

テンポもよくて、読みやすい
キャラクターの表情の付け方とか
ライトっつうか、
特に女性キャラなんかは
本筋のシリアスさに比べて
かわいらしくデフォルメの効いた表情とか
魅力的。

人物の関係性もまだまだ謎が多くて
これからの展開がどうなるかが注目ですな

で、帯には

アニメ[グレンラガン]のヨーコさんも愛読!?
「やまむらはじめのロリと巨乳のキャッチー攻撃!」
同人時代からのファン代表
(『天元突破グレンラガン』監督)今石洋之

と推薦文
しらない人が見たら萌え系?
と思いますよね?
自分もそう思いました。
裏表紙見てあれ?と思いましたが。

内容は結構ハードなファンタジーな気もしないではないですが
小気味いいんで、すんなり読めました。

面白いです。

神様ドォルズ 1 (1) (サンデーGXコミックス) 神様ドォルズ 1 (1) (サンデーGXコミックス)
やまむら はじめ (2007/07/19)
小学館

この商品の詳細を見る
  1. 2007/07/21(土) 06:24:40|
  2. 感想・少年・青年漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。