漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モーニング35・36号

週刊モーニング35・36合併号

じょなめけ
伝蔵がいい感じに動いてます。
さて、主人公であるところの重の過去が語られますが
ちと中途半端な気もします。

しかし伝蔵も重三郎に興味を示し
重も伝蔵に対して柔らかな態度を見せたりと

良いライバル関係みたいな展開ですよ。

かぶく者
・・・急展開?

主人公さん大抜擢の巻ですが
そんなわけで
みんな周りも驚くし

てことで、まぁいろいろと確執から来る
トラブルなんかも期待できそうですが

舞台を現代に戻して
まぁなんだかんだ
面白く展開していきそう?
ってぐらいの期待感は持てそうです。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/02(木) 19:43:35|
  2. モーニング雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤンサン35号

週刊ヤングサンデー35号

さくらんぼシンドローム(クピドの悪戯II)
さて新展開と言う話ですが
まずそうだよね、仕事あったね。
すっかり忘れてました。

営業に疲れた阿川くんでしたが
エッチぃシーンのあとに
麻生さんから一言
異動の甘~いお誘いが。

さてどうする?
てかこれにどんな意味があるんでしょうか?

包帯クラブ
相変わらず大反響と言う煽りに首をかしげながら読みましたが

今回は反響があると言ってもうなずける展開でした

でも、個人的には心打たれる展開ではなかったです。

自分にとって最大の悪は無力であること
知ることによって人を救えることがあるかもしれない
それは知ることができるのならば無力ではないだろう

知るだけで人が救われることもあるだろうが
それも所詮、
豊かな国に生きた人間の考えな気がしてならない

知る0円よりも
知らなくても1円の方が人を救えるのでは?
と自分は思ってしまう人間なので

知ることよりも
まず先に出来ることがあるのではと思ってしまった。

結局救われない人間はこの世にたくさんいる

仮にそれをやったうえだとしても
そんな中で行動を起こしていても
「それは仕方ない」という前提がある以上
自分が何かをしたという満足や正義
「何かをする」という正義の意識は持ちたくないなと思う。

結局は「本当」には分からないのなら
知ろうとすることが侮辱にあたるのではと思ってしまった
今回でした

まぁあくまでこれは個人的な意見ですから
今回の話が悪いとか間違ってると思ったわけではないです。

おやすみプンプン
良い話だなぁ・・・
となぜか思うw

愛子ちゃんと手を握ったときに
プンプンから出てきた突起はなにかw

しかしほんとうに何故プンプンのデザインは
こうしたのかなぁ

この話だったら、普通のデザインにしても
良かったんじゃないかなぁと思う

その反面このデザインによる良さもあるからねぇ・・・
難しいところ

魔Qケン
日本一の男の魂が復活でどうなるかと思ったが
無駄なサービスシーンもありの
「引っ張ったよw」
と言うのが総括ですが

狙い過ぎではある。
  1. 2007/08/02(木) 19:29:52|
  2. ヤングサンデー雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年チャンピオン36・37号

週刊少年チャンピオン36・37合併号

24のひとみ
ひとみ先生が海の家で労働だよン。

でもこのお店にはビールはないよ
ひとみ先生が全部飲んじゃうから
あ、ごめんやっぱりあった、
そりゃそうだよ海にビールはつきものだよね
ビーチボール略してビールだってさ!

目玉メニューは
某ギャル曽根もびっくりの挑戦メニュー
問題は量じゃない、食材が消費期限切れなところ
ナイスチャレンジ!

成功者にはなんと太っ腹、治療費が贈呈だよ!

さっそくボクもチャレンジしてみるよ。
嘘です。

みつどもえ
したのか!?
三女さん!
あんたやっちゃったのか!?

おもらし・・・しちゃったのかよー!

ヤンキーフィギュア
お祭りです。
時期ですから。

お祭り・・・と言えば射的
定番ですね。

しかし、人に触れられると動けなくなると言う設定と
今回は髪の毛に触れて動けるようになると言う設定と

この辺の設定が増えて行ってどうするのかなぁ
なんか期待と言うかなんと言うか
こういい知れぬなんか、うん、なんかを感じた。
  1. 2007/08/02(木) 19:01:32|
  2. チャンピオン雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤンジャン35号

週刊ヤングジャンプ35号

LIAR GAME(ライアーゲーム)
自白ゲームにより自白をを得たヨコヤ
さらにアキヤマは横谷の思惑通りに動いてしまう

そしてヨコヤは逆転の策を思いついたようですが・・・

アキヤマ対ヨコヤはさらに白熱?

アキヤマに考えがあるのか・・・ドキドキです。

ハチワンダイバー
菅田・・・見事勝利
そして、菅田のもとに帰ってきたメイド受け師さん

しかし、忘れたように食べる。

意外と簡単に終わってしまいましたが
この後の展開はどうなるのでしょうか。

この恋は実らない
百合子は輝のあの姿を見てしまうのか・・・

緊迫した展開、そして次回へ・・・

これ、大事なところだと思いますが・・・
展開はゆっくりですね。

ラッキーセブンスター
なんか展開早えぇ・・・

敵側に新キャラと思ったら
いきなり掘り下げ描写に
こいつはボスキャラだな・・・
と思ったらいきなり対峙するんだね
ビックリするほど急展開。

十字架の魔術師
毎回のように高額な報酬を要求する守銭奴主人公。

そしてしっかり依頼をこなす主人公。

でもそのたびに依頼主が金銭を支払えない状況になり

「一生かけて必ず私が払います。」

主人公さんも人がいいですなぁ・・・

今回のハイライト
嫉妬するシスターかわいいやつ。

ZETMAN(ゼットマン)
人質がジンに思いのほか効いたようです
やはり大事な人なのですよ。

アルファススーツが完成だそうで
どうみてもアルファスです。本当にありがとうございました
と高雅くんも大喜びです。
  1. 2007/08/02(木) 18:42:46|
  2. ヤングジャンプ雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。