漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

げんしけん

げんしけん
木尾士目先生の漫画

アフタヌーン連載

大学入学を機に
オタク系サークル現視研に入った笹原と
そのサークル内外の個性的なメンバーたちが繰り広げる
なんだか変なリアリティーたっぷりな
オタクの実態を描いたような青春を描いたような
そんな漫画、アニメ化もされましたが

連載終了から早・・・
どれほどでしょう?

まぁ結構経つわけですよ。
今さらな感じもしないでもないですが。
しかし、いまが旬でもありますから

うんうん、現在アニメ第2期が絶好調放送中なわけです。

そんなアニメをですね、自分も毎週楽しみにしています。
面白い!と思って見ているわけです。

観ると基本声出ます、酷い声上げながら見ます。
とまぁアニメはそんな感じなんですが

それで、あまりに面白いので、次が見たくて見たくて
もちろん、コミックスでは既に読んでいるわけですが
つづきが見たくてたまらなくなって、
コミックス読み始めました。

ついに読みなおしてしまいました。
1巻からいっきに全部。

最高だと思う。

なんて言うのかね
他のオタクを扱った漫画なりって
やっぱ、ギャグ方向にいってしまうというかね
そう言うのが多い。

そんな中で、普通にオタクの日常描いて、
漫画として成立させてますが
まぁギャグ要素もありますが。

大学生、痛すぎる青春って感じ?
イタイ、声が出るほどイタイ。

なんと言うか設定を前提として繰り広げられる展開がリアル

まぁ実際のところわからんけど
なんかキャラが本当に考えてるとか
考えて言ってるてたりやってたりっとか言う感じに
凄くリアルティーがある、なもんだからすごくイタイ。

そんなイタイ日常を繰り広げる
げんしけんの面々を漫画を通して読んでいると
凄くなんか親近感がw

こんな青春をどんなに幸せだろうとw

そう思いつつ、まぁいろいろとツッコミを声だしながら入れつつ
読みつつ。

日常描いてる中で恋とかもあってさ
それがまたイタイのだけど

やっぱり、恋って日常の延長線上にあるんじゃないかなぁと
まぁ現実はともかく読み物として

他人の恋愛ポンとおかれても興味ない
どんな人間がどんな恋をするか

それを生々しく見せられる
その圧倒的パワーの凄さ。

そんな凄さに圧倒され
気がつけば全部読んでしまった。

そして最後読み終えた段階での喪失感

なんて言うか、寂しいなぁと言う感覚が残る

もっと読んでいたかった
終わってほしくなかった。

げんしけんが終わってしまったことに対しても寂しいなぁ
という気持ちはあるのだけども

またこんな漫画が読める日が来るのだろうか
と言う思いが強い

またこう言う漫画が読めるといいなぁ。

げんしけん (1) げんしけん (1)
木尾 士目 (2002/12)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2007/11/08(木) 22:20:03|
  2. 感想・少年・青年漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤンジャン49号

週刊ヤングジャンプ49号

ハチワンダイバー
「鬼将会の入り口」を見つけるために
とにかく待つ菅田、どんな相手の挑戦も受けてたち
そして勝つ、これの繰り返し

そして、ついに・・・鬼将会か!?
と思われたらどうやら違ったようですが

とりあえず勝負を申し込まれたが
その勝負はゲームセンターに置かれる
将棋ゲーム、なんかキャラのカードあるらしい
オタク系?アニメ系?
そんな感じのゲーム結構ノリがバカで面白そうではあるが

そんなので勝負挑まれた菅田というところで
滑稽だよね、と言う展開

見せ方が結構面白い。
普通にギャグ展開は面白いなぁと思う。

ノノノノ
なんだ、男装はばれないのか
変態扱いって言うのならまぁいいじゃない
どれほどジャンプに対する想いがあるのか知らないけど

晴れて奴隷となりました。

と冒頭あっさりと展開

後半はライバルの登場。
もちろん男子ですが。
女性アレルギーがあるらしく
女性に近づくとジンマシンが出るとか

そんな彼は、野々宮のジャンプを見て衝撃を受けた
記者さんに野々宮の嘘の言動を聞かされて煽られ

野々宮を完全に敵視さらに同じ学校同じクラスらしく
初対面で、激突ムードしかし、女性アレルギーでジンマシンがでる

野々宮は野々宮で
ひょっとして私がなる前の野々宮悠太が
とかわけのわからんモノローグだし

どうなるんだか・・・

ラッキーセブンスター
スタンドか、もうスタンドだろそれは
なんて感じの勝負が続きますが

電気が消えて大ピンチのリーゼントタケシ
しかし、一発逆転
なんと、ポケットにたまたま入っていた
ライターで髪に火をつけ明かりにしたのだ

なんと言う強引な戦法
しかし、それで何とか勝った
の良かった、良かったがしかし

なんだか格好いいせりふを生意気にしゃべるタケシに
スパイ女のカオルさんが惚れているのではないか?
描写いただきました。

酷く合理性というか説得力ない展開ですw
  1. 2007/11/08(木) 20:24:23|
  2. ヤングジャンプ雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーニング49号

週刊モーニング49号

ひまわりっ 健一レジェンド
いまさらだけど健一レジェンドってなぁ・・・

さてと、部長さんに男の影と言うか何というかね
まぁある話ですよ、
そしてそんな部長を認められない歯ブラシこと副部長・・・あれ?

まぁいいや

微妙に余裕出て来た様に見えたりして
ムカついたりするのかね?w

そんな状況どうしていいかわからず
副主任に相談するアキコは何も学習をしないのか!?
といつものように。

適当なコンビが遊んでいくわけですが
副主任の台詞は名言です。
げんしけんで語ってもらっても構わない
と一瞬思ったがやっぱりちょっと違うか。

まぁコントに妄想と見所たくさんですが

そんな部のメンバーのうち名前が出てくる方が一人
と言っても呼び名は総師ですが
その総師がアキコ先生のアシスタントやりたい!
なんてアキコ邸に原稿手伝いに来ていうわけです。

アキコ先生もその総師の技術
カケアミ、パースにトーンの技術に
よだれがたれる

しかし、気になることが・・・
そう歯ブラシ・・・こと副部長

と、その時!

副部長がアキコ邸へとやってくるそして鉢合わせ

その状況にショックを受けた歯ブラシこと副部長は
逃げ出してしまう、受け入れられずに。

追いかけようとする、アキコ
しかし、それを止める副主任
自分で大人にならないとダメなんだ。
と・・・

そして夕日に向かって涙を流しながら走る副部長

そのまま胡散臭いシリアス展開のまま今週は終わりです!

営業の牧田です。
まぁなんだか年下の彼女とは微妙な距離感のまま
とりあえずは表面的には上手くいっている感じですか
いや、行ってないか止まっている、進展せず
しかし、後退もせず、今のところは

で今回は仕事の話もあって過去話とか

まぁ営業先でちょこっとなんかありそうですよ
と言う話。

恋の方はとりあえず、展開はそんな無しかな。

今回はつなぎみたいな感じかな

僕の小規模な生活
今回はなんかあれだなぁw
「ハンター×ハンター」がどうのとか
どうせならネットに流したとか描いちゃえばいいのに。
とちょっと思ったり思わなかったり
「ウシジマくん」とかさぁフリーター編とかまで書いてる

なら寄生獣って書いてしまえよw

で次回一応最終回だとか。
  1. 2007/11/08(木) 19:46:20|
  2. モーニング雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャンピオン50号

週刊少年チャンピオン50号
さて、いち早く50号突破です、チャンピオンという名だけあります。
これは王監督他が記録した
NPB記録の55本塁打を抜く日も近いかもしれませんね
このブログをはじめたのは今年5月からですが、
リアルでは毎年言っているくだらないネタです。
まぁしかしあれです、週刊の漫画雑誌が50号超えると
もう年末なんだなぁと感じます。

マイティハート
こっちにしましょう
ね、エロ分はこっちで補充
あっちよりもこっちでね
何と比べてかと言うのはあえて言わない方向で
名指しで比べるとToLOVEるの元ですからね。

まぁしかし、微エロと言うかなんというか
その手の要素が入る漫画では断トツで好きですが
そのジャンル分けもどうかと言う話ですよ。

単行本化時の修正は期待しません。
むしろするなよ!絶対するなよ!

うん、しかしこのコメディー色ばりばり
設定ハチャメチャ、でしかもエロ要素豊富
なのに安心して見れるこのバランスがすごいとべた褒め、
個人的にはかなり評価高いです。
好きです、尊敬してます。

ヤンキーフィギュア
マイティハートあるおかげで
エロの恩恵がないのではないか
個人的にはエロ路線からの修正お願いしたい

ヤンキーフィギュアのエロからは
面白さが消えてしまっている気がする
いったん落ち着いていただきたい。

24のひとみ
ひとみ先生の嘘は犯罪の域に達しているから
性質が悪い

今回の振り回され役のおじさんが
人良さそうでよかった。

はなから疑ってかかる人もいいけど
こう、段々と理解していく様は面白い。

みつどもえ
これだけ勘違いで人間関係形成されていくのは
今ならスクランとみつどもえが双璧だろうか

ベルト確認のためにスカートめくるとかなぁ
服の下でいいだろうが。

侵略!イカ娘
これは照れていると言う描写じゃないだろう

冒頭展開が強引と言うか
どうも納得イカない。

しかしなんだかんだでイカ娘には結構萌えを感じる。
  1. 2007/11/08(木) 18:57:18|
  2. チャンピオン雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤンサン49号

週刊ヤングサンデー49号

さくらんぼシンドローム
正直冒頭が妄想だったのはすぐに気付くけど
モザイクはなんかやめて欲しいなぁw

さて、そんな昔の彼女との再会、
どんな修羅場になるかと思ったら
まぁ特にこれと言った問題もなく終わった感じがする

しかし、そんなやり取りの中で
麻生さんへの想い、
決心も強まり謝ることを決めた阿川君ですが

その前に、レナと二人きりで会う阿川君
いったい何が始まるのか・・・

渋江の女性関係も気になるし・・・

それと、阿川君が決心ついたよと言う話の一方で
麻生さんが何を考えているのか
分からないと言うのが恐ろしくて仕方ない。

何も起こりませんように・・・

おやすみプンプン
なんだろうね
今回はシュールかどうかは分からないけど
ハマっていると言うか
まぁ一種独特と言えなくもないかもしれないくどさも
心地よく見ていて、なんかいいなぁと

なんていうか雰囲気がね。

ドラマ化するべきだと、改めて思ったね

さて、そんなこんな、
プンプンの苗字も変わったようですが
これにて小学生編終わりだとか

次回から2年後の中学生編スタート

さぁどうなるのか楽しみ。
そして不安もまた少し・・・

とめはねっ!
完全にピースから敵視されている勅使河原と言う話
あのピースの攻撃、
ますます、中に他の何かが入っている!と思いたくなる。

縁も今はなつかれているようだが
勅使河原を葬りさった後のターゲットになるのは確実だ

縁は今のうちに逃げるべき
今回だって、なついている様にも見えなくないが
やっぱり目的はあの砂城壊すことだったのではないかだろうか

ピースの魔のお手が次々と犠牲者を生む。

とまぁね、うん、さて、縁の砂城制作過程が
ニコ○コ動画にアップされてるか見に行くかな。
  1. 2007/11/08(木) 17:42:49|
  2. ヤングサンデー雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。