漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

探偵綺譚

探偵綺譚
石黒正数先生の漫画

徳間書店からリョウコミックスとして出た短編集ですが
それぞれの話の初出はいろいろな雑誌だったりするようです。

それぞれの短編、
雰囲気はそれぞれ違う感じで
バラエティーに富んでいていい感じです。

基本的にはコメディー色が強く感じますが

哀愁と言うかなんと言うか
オチの良さって言うのを
石黒先生の漫画ではすごく感じていて
このブログでもなん度かそう書いていますが。

この短編集も
やはりオチのつけ方が上手いなぁと

どれもこれも素敵なオチです。

特に
スペースレンジャー・ゴーファイブ
気の抜けたビールで・・・
カラクリ
のオチは良かったと思います。

タイトルの作品探偵綺譚は
今なにかと話題、と言うかなんと言うか
石黒先生の出世作的漫画
それでも町は廻っている」に似た設定で
まぁ元になった話と言うか
ここから設定変えて、それ町にって感じですかね。
それ町の主役、嵐山歩鳥がこの短編でも主人公ですが
この短編のさらに前に別の短編で誕生したとかあとがきにあったりしますが
歩鳥はなんかそれ町より可愛い感じです。

まぁそんな感じで
とても面白い短編集でした。

探偵綺譚~石黒正数短編集 (リュウコミックス)探偵綺譚~石黒正数短編集 (リュウコミックス)
(2007/12)
石黒 正数

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2007/12/24(月) 19:16:10|
  2. 感想・少年・青年漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。