漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊少年サンデー4・5号

週刊少年サンデー4・5合併号

呪法解禁!!ハイド&クローサー 新連載
別記

LOST+BRAIN (ロストブレイン)
別記

クロスゲーム
これはまた、コウと青葉かフラグか
どっちとくっつくのかなぁなんて
踏切事故はまぁ特になにかあったわけじゃないのかな?

東が何を思うのか
影薄いわぁ・・・

お茶にごす。
夏帆可愛いw
って毎回書くのもなんですがw

山田の男前登場に
いまいちのってこない夏帆が恐いなぁw

山田が可愛いと言っているのは
結局はまークンとじゃれあっている夏帆なんだよなぁw
まークンのことで葛藤するところとかさ

完全にそういう意図を持って接して
それが夏帆にばれたら・・・

夏帆はどう対応するか
拒否するのか
それともツンデレか
はたまた、ツン飛ばしてのデレなのか!?

夏帆のこの後が見逃せない!

そしてまークンはホントに苦労してるんだなぁ・・・

DIVE!!
ラブ展開にはいるのか?

まぁなんか今回は落ち着いていて
なんかこっぱずかしいしかったけど
久々に良かったんじゃないかと思います。

ハヤテのごとく!
もっとほのぼのギャグやってもらいたなぁ・・・
なにか毎回のようにトラブルに巻き込まれているのは
なんだか疲れてくる・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/12/26(水) 20:48:00|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOST+BRAIN (ロストブレイン) 2話

LOST+BRAIN (ロストブレイン) 2話
笑ったw
何にって最初の煽りにw
圧倒的反響!!

反響ってあれでしょ?w
って、違う反響だろうとw
確かに反響はあったでしょうからw

このブログもその効果か、前号発売時から2日ほど
訪問数が普段の倍近く増えたりしました。

たしかに反響はあるだろうけど・・・w
それももう風化した?

まぁさて、そんなこともありつつ
第2話ですが。
前回言われたようなデスノっぽさってのは
まぁあるっちゃあるでしょうが
話だけ見ればパクリではないのかなと

テーマは似てるのだろうけど。
結局は似てるの域をでないかなと

似てるとしても影響を受けたで納得できる範囲だと思います。
個人的には

まぁ絵の話はおいておいて。

さて、話の内容はと言うと
なんかテロですもんね

犯罪的な手段を使って世界を変えようとする
デスノート、魔王、とか他にもあるでしょう
上記二つに比べるとあくまで超能力ではないよと言う
スタンスも違いかな。

まぁ違うから良い、似てるからダメってわけではないのでね。

まぁこれからの展開だなぁ
やっぱこれはデスノと同じようにライバルの存在が必要でしょう
まさか、これ、主人公が正しいから応援しようって話じゃないだろうし

ま、その辺ですかね。
  1. 2007/12/26(水) 20:39:11|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呪法解禁!!ハイド&クローサー 1話

呪法解禁!!ハイド&クローサー 新連載 第1話
まぁ1話目、駆け足な部分が少し残念ですが
これはいいんでないかと思います。

普通よりちょっと格好悪い中二の男の子、黒兎春瓶
好きだった考古学者のじいちゃんのように格好いい男になりたいと思っていた
けどおじいちゃんは6年前から行方不明で
自分の現状はと言えば理想、夢とは全くの逆。

そんな春瓶に突如訪れた不幸は
大勢の呪術師から命を狙われるということ。

なぜかと言えば、
行方不明のじいちゃんが伝説の呪術師だったらしく
その力を手に入れる方法がありそれがなんと
春瓶の心臓を食らうことだとか言うすごい展開で命の危機

まず第一のピンチとして、
敵呪術師の操るぬいぐるみが襲ってくると言う
何かのような展開
個人的にジョジョ好きなので呪いのデーボの方を思い出しましたが

そして春瓶にはそれに抗う力はない
かと思われたが。

その危機を救ったのは
昔、じいちゃんがくれた、プレゼントのぬいぐるみ「ハイド」だった
ハイドもまた、動き出し。
そして、春瓶を助けるために戦いだし・・・

まぁそんなんです。
バトルものってことでガッシュも終わって
サンデー的にはタイミングもいいのではないかなぁ・・・
それがちょっとひっかかるけど。
まぁ少年が格好いい男になるために奮闘する、戦うなんていいじゃない。

まぁ予告の段階で、リボーンのパクリだなんだとネタにされていたようですが
(ロストブレインのせいもあるんだろうなぁw)

まぁリボーンっぽさはないかなぁ
まぁダメ少年の下に人じゃない助っ人がというありきたりな設定の部分での被りかな
その代表的なところで言えばドラえもんだろうけど
背中に手を入れて武器出した時にはドラえもん思い出したw

こういう漫画が少年漫画全体にもっと
うわ、またかよ・・・と思うくらい多くてもいいのに
と個人的には思う。

まぁそういう意味で、この漫画には期待したいところです。
  1. 2007/12/26(水) 20:19:44|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年マガジン4・5号

週刊少年マガジン4・5合併号

School Rumble(スクールランブル)
まぁなんだか、播磨くんの目指せ告白
ってな展開で
なんかお嬢がナイスアシスト!
とかあったりして、天満、八雲と播磨は烏丸探しに行く
で、アシストするのは八雲もだったりで
天満と二人きり

さぁいざ行け播磨ってところで
先に話を切り出したのは天満。
まさか天満も・・・なんてお決まりの展開。

そして天満からの告白は
烏丸君が見つかったら、烏丸くんと二人で歩きたい。

だってさ、まぁなんと言うか
ここまでは分かっている展開って言うか、なんと言うか
まぁそんなんなんだけど
播磨がそれにどう答えるのか?

ってところを考えるとドキドキする。

絶望先生
97年岡田。

さてはて、クリスマスも終わり
さて、今年ももう終わりか。
と言うところで新年の話題ですね。

駅伝。
たすきをつなぐ、
しかし、世の中のたすきは9割が渡されたくないもの!
と言うお話。

まぁね、そうですよね。
そして、逆に奪っていく
いいところでたすきを奪っていく奴がいる!
勝手にたすきを奪っていく奴がいる!
なんてのもあると。

「デ○ノートの続編」

これは・・・w
サンデーのほうだよなぁw

でもタイミング的に
マガジンでOKなんだろうかw
まぁあれは続編と言うネタにはならないからさw

賭博覇王伝 零
なんとか苦しみながら生還した零たち参加者だったが

同じくらいのタイミングで
同じゲームをしていたグループがあった
そして、そこのクリアはなんと7、8分

零も驚愕。

その人物は、最初のサイコロの目を当てるゲームで
なんか思わせぶりに登場した彼です。
そういえばいたなそんな奴。

ライバル登場ですか。
  1. 2007/12/26(水) 17:30:04|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。