漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊少年サンデー6号

週刊少年サンデー6号

金剛番長 10話 / 鈴木央
見破ったくらいで勝ったつもりになるなよ
と言うのはいいけど

なぜ接近戦を挑むのか・・・

まぁ距離とっても、
簡単にその距離をつめて勝つ感じで
そんな変わりはないだろうけど

と言うわけで、あっさり勝利
金剛はすごい強いって事です。

バトルシーンは
流れるような金剛の攻撃が分かりやすくて
いい感じでした。

最上の名医 4話 / 橋口たかし 取材・原作 入江謙三
ヒロイン登場か!?
瀬名マリアちゃんだそうです。
ヒロイン候補

平聖中央病院編開始ってことですが
この病院小児科がないそうです。

ある医療事故がきっかけでなくなったとか
悲惨な事故です・・・

でその小児科を復活させようと言うのが命

その事故を経験しても唯一医者の道をあきらめなかった
瀬名マリア研修生。

そのマリアちゃんを小児科に誘おうと考えている命、
しかし、トラウマは残っているようです。

と、そんな二人の最初の接触は急患で
準備が間に合わないと思った命は
マリアの持つファーストフードの袋を取り上げて
「コレだ!」と言うところで次号

まぁ少年誌、患者が亡くなる他
重い展開があるかどうか分かりませんが
気持ちだけで、突っ走る、みたいなのはなしでお願いしたい

まぁ今回はっきり描写はされなかったけど
事故の話は悲惨だったかな

さて、この後は簡単に展開するのかどうか。

呪法解禁!!ハイド&クローサー 2話 / 麻生羽呂
別記

LOST+BRAIN(ロストブレイン) 3話 / 大谷アキラ 原作藪野続久
別記

ハヤテのごとく! 158話 / 畑健二郎
おぉ新キャラです。
すっかり、忘れてました、新入生ですか
日々野 文さんだそうで

ハヤテ達の後輩ですか

とりあえず、新入生はヒナギクと出会い
ナギと会い、そしてハヤテと会う

どうやら天然ボケ役見たいですが
これから、どう絡んでくるのかなぁ・・・

しかし、なぜハヤテはそんな嘘をついたのさ
ハヤテの狙いに僕は気付けない。

お茶にごす。 37話 / 西森博之
別記
スポンサーサイト
  1. 2008/01/09(水) 20:48:53|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お茶にごす。 37話 / 西森博之

お茶にごす。 37話 / 西森博之
二人は出会う・・・
そして・・・
必死に運命的な出会いなんだと強調しようとする山田

その説明が、すこし、道士郎を思い出す。

しかし、夏帆も鈍いなぁ・・・
それでも高校生ですか!

もう頭の中は部長でいっぱい
なんか、夏帆はそっち系なのかぁ
と言う

まぁそれを聞いて、なるほど偶然の出会い
それが縁かぁ
なんて言って、夏帆はどこかへ向かう

向かった先は、部長の家の近く、そこで偶然出会おうと言う目論み
それは偶然なのか?
しかし、部長との縁を目指してひた走る夏帆

その結果、見たものと言えば
助けた猫と会話する、まークン
に゛え゛ぇ、に゛ゃあ、猫と言い合ってます。
なんとまぁ・・・不気味なw

そこへ、偶然通りかかったのは部長
まークンと部長が出会い、夏帆それを覗いている

何をしているのか?と部長に聞かれたまークンは
猫が話しかけてくるので、と言って実演w

夏帆はそれを見て、せっかくの(部長と会えた)幸運なのに
あいつ終わったな・・・とw

しかし、そんなのお構いなしのまークン
部長にもやってみるように促がますw

そして、恐る恐るやってみる部長「にゃ~」
・・・これは萌えるw

しかし、それでは返事をしない、猫に
それじゃダメ、もっとなりきってやるんですよ、と船橋まークン

そして、意を決して、思い切ってやってみる、部長。
これまた萌えますw

そして返事をした猫に
私もできたよ!とうれしそうにまークンに話しかけます。

この二人やたらといい雰囲気ですw

それを目撃した、夏帆
二人の偶然の幸運の素敵な出会いを
ただ目撃しただけの夏帆さんでした。

お茶にごす 1 (1) (少年サンデーコミックス)お茶にごす 1 (1) (少年サンデーコミックス)
(2007/08/10)
西森 博之

商品詳細を見る
  1. 2008/01/09(水) 20:43:32|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOST+BRAIN 3話 / 大谷アキラ ・ 原作 藪野続久

LOST+BRAIN(ロストブレイン) 3話 / 大谷アキラ 原作藪野続久
うわぁ・・・なんだろう
また、デスノ臭さがしてきたぞ・・・

とりあえず、ライバル、今回の事件を追う側に
久遠寺が、まぁ主人公、氷山が計画を思いついたきっかけである
催眠カウンセラーの先生ですね。

この対立関係だけでもすこしデスノートっぽい感じもしますが
警察全面協力。
と言うか、警察が、なぜか久遠寺に協力を依頼します。
まぁ実績があるのか、すごい信頼度
そのあたり、Lっぽいかなぁ

そしてその久遠寺のお世話役かしりませんが
接触する二人の刑事、の一方松田さんじゃないの?w

てか、下っ端具合が被るなぁw

上司の方はなんとなく水谷豊さんの杉下右京をイメージしましたが
それはどうでもいいとして。

まぁなんか話としては違うのだけど
ところどころデスノを感じさせるなぁ・・・w

これ、催眠の話ができればそれでよくて
そのために、適当な、
まぁデスノを参考にシナリオあげたんじゃないかと
疑いたくなるなぁw

催眠の話になると
そこだけ、なぜか気合みたいなものを感じると言うか
空気がすごく変わる気がするんだよなぁ

まぁどうなんでしょう、なんか続きがすごく楽しみになってきたw
楽しみ方としては間違っているんだろうけど

DEATH NOTE デスノート(1)DEATH NOTE デスノート(1)
(2004/04/02)
大場 つぐみ、小畑 健 他

商品詳細を見る
  1. 2008/01/09(水) 20:15:01|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呪法解禁!!ハイド&クローサー 2話 / 麻生羽呂

呪法解禁!!ハイド&クローサー 2話 / 麻生羽呂
おぉ・・・
なんだろう、やたら見た覚えのある、ありきたりな感じだ

朝、起きて、あれは夢だったに違いない、とか言ってると
朝の食事を自分の母親がハイドに出していた。

ゆ・・・夢じゃなかった・・・

と言う、まぁありきたりな感じですが
重要なところでないし、いいのかなぁ・・・

さて、バトル物みたいです。
1話に続いて早くも、新たな刺客が

テーマは自分を信じろ!
ですかね、

いろいろと、ダメな感じの黒兎少年
クラスのみんなからの期待度の低さといったらもう・・・
ちょっと言いすぎじゃないだろうか・・・
確か、1話の野球では、打席に立つさいに
応援されていたと思いましたが・・・

そんな評価は周りからだけでなく自分の自分に対する評価も
同じ、できるわけない
そう思い込んでしまっているわけですが

呪法の基本は信じること、だそうで
今回は相手の力で空間に隔離
その中での攻撃から自分の身を守るため、
呪法を使おうとしたが自分を信じられない、
そこで声だけは届くハイドが「オレが信じててやるよ」の声をかけ
挑戦しそして成功。

ハイドの台詞は素直に格好いいと思うが
その展開までが早い気がしてもったいない気もする。

黒兎少年の呪法に敵が戸惑っている隙に
ハイドが隔離された空間に入り込むことに成功、助けに入り
決着は次回以降
  1. 2008/01/09(水) 19:56:37|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年マガジン6号

週刊少年マガジン6号

School Rumble(スクールランブル) 256話 / 小林尽
あぁ・・・ん?
衝撃展開?
なの?

播磨、クールに振舞うが・・・
大ダメージ、そして、気持ち打ち明けられずに
烏丸を天満と一緒に探す

その一方、二人とは別行動で烏丸を探していた八雲が
烏丸と接触・・・
そこで、烏丸から衝撃の告白が・・・

マジか?
どういう展開なのか?

ん?
これは・・・信じていいのか?

烏丸、死んじゃうの?

どっちだ・・・

絶望先生 122話 / 久米田康治
2代目絶望先生
あぁ続いてたんだね

今回は
ものさし、について
何かを評価する時、他の何かと比べてしまうよね
でも、そのものさし、間違ってやいませんか!?
と言う、ギクッ!
ちょっとなんかそんなリアクションも取りたくなるような
まぁやってしまいがち、ですが

・・・ルヒはらきすたより微妙に面白さが上だと言うことが分かりました。

まぁ2代目は今回でダメだと
クビになったようですが

いろんな女性と会うたび元彼女と比べてしまう
元彼女ものさしに
「せつね」
と言うなんかとっても普通な気がするツッコミが
すごくよかったと僕は思いました。

賭博覇王伝零 17話 / 福本伸行
標の活躍になにやら騒がしくなってきました
王になる人ってことで心酔
取り巻きが出来てきたところで
トラブルも発生したり

そこへ財全登場

どうやら標と零が王に近いと見た様子
そこで標と零で戦えと

勝負しろと

おお、急展開
忙しく展開してくなぁ

勝負内容はなんか
4分の1で命を落とすとか?

なんかまた過激な感じですね。
  1. 2008/01/09(水) 19:38:40|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。