漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊少年サンデー7号

週刊少年サンデー7号

金剛番長 11話 / 鈴木央
別記

呪法解禁!!ハイド&クローサー 3話 / 麻生羽呂
今回はバトル中心です。
まぁなんか、2話までは男とは!とかそんな
少年の成長エピソード的な話を織り交ぜながら見たいな感じでしたが

今回はバトルです。

さて、敵はどの引き出しからでも
出てこれるっていう能力で

逆に引し出しが開けられると
強制的にそこから出てしまうと言うルール付き

まぁそれでも圧倒的なスピードで、ハイド苦戦かと思ったが
そのルールを突いて結局は勝利

まぁ能力バトル、特別ってことはないけど
なかなか面白い展開かと

ただ、能力バトルっぽい展開なんだけど
その能力に、なぜそんな限定的なルールがあるのかってのが
自分は良くわからないままだったので
その辺りがちょっといまいちに思えた。

最上の命医 5話 / 橋口たかし 取材・原作 入江謙三
前回の引きからですが
急患を見事な機転と手際で見事助けます。

そんなすばらしい活躍に院内では早くも話題騒然

でも瀬名マリアちゃんだけは
それを目の当たりにして、自信喪失。

技術や経験だけじゃない何かが、違う
もし、今小児科に誘われたら嫌だなぁなんて思いながら
その帰り、マリアだと気付かない様子の命に駅までの道を聞かれて
気付いてないってことでいろいろ突っ込んで質問してみると言う展開で

患者の死を覚悟するって言う言葉
さらに殺すって表現で、おっと思ったけど
そこからの居眠り運転の車から道路で転んでしまった子供を
飛び出して助けようとする流れはなんだか
忙しく見えてあっけにとられてしまった。

LOST+BRAIN(ロストブレイン) 4話 / 大谷アキラ 原作藪野続久
デスノっぽい展開から、また少しそれますかね、
しかし油断はできない

まぁとりあえず、氷山は久遠寺を貶めて、追い詰める方向でいくのかな?
完全敵対して隠れて攻撃か?
それとも、月のように、仲間を装って近づくかっていう展開があるか?

しかし、これ、氷山は完全悪役だよなぁ
月の様に、悪に対する正義のために歪んでエスカレートしていくのではなく

自分の欲望、もしくは理想のために、突っ走る
氷山の方が、分かりやすい分、大者っぱさがあるかと思えば
この小物臭ったらないねw

さて、小物臭がしたといえばもう一人
久遠寺、この方がどう出るかは素直に楽しみ。

ハヤテのごとく! 159話 / 畑健二郎
先週登場の新キャラ日々野文さんがまたしても主役はお話
未知との遭遇です。

今日も学校へと向かう日々野文
まずは桂先生です、呑みつぶれているいる所に遭遇です。

朝っぱらから、なにやっているのか。

さてこの文ちゃん結構なボケ役な様子ですが
まぁいいですけどね。

でもさ、この話のオチ・・・
会長になるんかい・・・

お茶にごす。 38話 / 西森博之
別記
スポンサーサイト
  1. 2008/01/16(水) 21:10:40|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お茶にごす。 38話 / 西森博之

お茶にごす。 38話 / 西森博之
夏帆は・・・良い娘なんだよ
だけど・・・うんちょっと素直じゃないんだ
いや逆に素直すぎるのか
間違ってはいないんだけどねw

さて、今回もイカスぜ!絶好調で登場するのは
もちろんひろし先生ですよw
最高です。

ヤーマダのツッコミが最高ですw

合宿ですよ、出発ですよって言う当日
みんなが駅で集まってわいわいやってるところ

隠れて様子伺いながら
もういいかな、とタイミングを見計らって登場

「ファー。みんな揃ってるかー?」
とだるそうに登場ですよw

それを見たヤーマダ
「つまんねー演技やめろ!!」とモノローグw

いきなり絶好調だなぁw

合宿は寺でやります。

荷物持ちの男子達。
まークン、山田、先生の三人です。

二人は体力あるんで先生だけ必死だけど
でも、でも、女子がたくさんいるーと幸せをかみしめてますw

そして寺に着くと禅に興味があるか聞かれて
調子よく答え、厳しい禅をやることになる先生
それは百歩譲ってまぁいいとしよう。

しかし、悲劇は禅堂が女人禁制な事

山田とまークンは女性がいないと倒れるからとお断り
強制ではないのでOK
他の生徒は体験コースです。
まぁ体験でも辛いらしいけど
だとしたら先生は・・・

そして、禅堂へと旅立つひろし先生の哀愁に・・・

合掌。

お茶にごす 2 (2) (少年サンデーコミックス)お茶にごす 2 (2) (少年サンデーコミックス)
(2007/11/16)
西森 博之

商品詳細を見る
  1. 2008/01/16(水) 21:10:04|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金剛番長 11話 / 鈴木央

金剛番長 11話 / 鈴木央
可愛い妹月見ちゃんが再登場。
金剛にプリンを食べさせてくれるよ

なんだろう、この面白さはw

訳分からないけど面白いw
一方で陽菜子のリアクションが分かりやすくていい

そんな、三人の戯れ中にまたでっかい刺客が登場
剛力番長だそうですが。

まずはその舎弟が剛力番長を名乗り
金剛をためし、圧倒されると
頼みがある。
と、剛力番長を止めてくれと言うことらしい。

剛力番長がなにをしたのか?
それはある怪事件の犯人だって事らしいけど
主に3つ、

1、ヤクザの事務所をビルごと文字通り潰すが
同じビルに入っていた他の全うな会社もあったわけで・・・

2、薬品の不正製造を行った会社を壊し潰し
その所為でその会社にあった薬品が漏れ出て付近の畑壊滅。

3、珍走団の走る道路に近隣住民が迷惑していたが
ある日、道路に隕石雨が降ったか様にまるで小さなクレーターの集まりができて
珍走団はこなくなったけど、それ以上の迷惑

とこんな有様で、自分の正義のために周りが見えなくなってしまうらしい
さらに止めに入ってもボコられる
そのために、金剛に止めてくれと依頼。

そしてその番長、どんなゴツイ男かと思ったら
お嬢様学園に通う可憐なお嬢様見たいですよ。

そして少し、違和感のある最後の煽り

鍛え上げられた心身を包むのは、深い色の制服。
学ランの裾を翻らせ、
ガシガシと大股で歩くのが彼女のたしなみ。
剛力番長白雪宮 拳、見参!!

これがイケてるあおり入れてくれる担当有井さん。の煽りですか?
  1. 2008/01/16(水) 20:36:59|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年マガジン7号

週刊少年マガジン7号

賭博覇王伝零 18話 / 福本伸行
標と零の勝負、早速はじめると言うことで
移動を強いられます。

そこで、二人は車の中で会話したり
と言うか、零の質問、鉄球の話ね

あの鉄球が落ちる事故をを予見した話
一つだけ、鎖が傾いていたから、どこかの鎖が弱くなっているんじゃないか?
って言う事で、それが忠告に繋がったと
まぁこれは観察力がずば抜けてますよって事なんだろうけど

しかし、それが50回あとか、100回あとかは分からないけど
その時は5回以内になるって感じたらしいが
それは天性の勘みたいな感じの説明、この話がこの後どう生きていくのか

今回のゲームと関係するかどうか、
と言うわけで、今回のゲームが始まりますが
まずは零からだそうです。

ゲームはクォータージャンプ、四分の一
簡単に説明すると
目隠しして現場に連れて行かれて
10秒だけ目隠しをとって周りを把握

四方向のうち一方向だけが飛び移ると助かるコースで
他は落ちて死ぬと言うことがわかる

そして目隠しをし直して回転させられ、方向の感覚を失わさせられ
ゲームスタート

こわ・・・
カイジ初期のような鬼畜ゲームだ

また、その壁には覗き穴が開いているようで
そこから人が零のほうを覗いているが、これがなにか攻略の鍵か。

さてゲーム詳細はこれだけだろうか・・・?
すると零はどう切り抜けるのかなぁ

標がどう挑戦するかも気になる。

絶望先生 123話 / 久米田康治
我慢しない方がすごい!
と言う話
我慢するのは大変だが我慢しないのは
その後のリスクを考えればもっと大変なんだ!

と、まぁ確かにそういうことはあります。
何事もやりすぎは良くないよね

オタクネタでは抱き枕買うくらい我慢しないなんてすごい。
最高峰はイタ車だよ。

と言うネタがあったり

我慢しないってのもまた大変だよね
自分も最近我慢しないで、SONAR7買っちゃいましたよ
まぁそれ自体の値段はそこそこだけどさ・・・
あはは・・・

まぁ最後は、我慢しないで人気取りできる方法がある
主人公が死ぬ話を我慢しなければ良い。

と言うオチに
スクランのことか?とも一瞬思った

School Rumble(スクールランブル) 257話 / 小林尽
先週の衝撃の告白から・・・
烏丸・・・
もうすぐ死ぬ?

アメリカに手術に行くそうだが
助からないらしい・・・

うわぁ・・・
この展開は・・・

なんだか一気にシリアスモード

八雲はこの話を聞き
姉のことを思う。

烏丸も知っていたのだろう
天満の想いを

しかしそれに応えられなかったのは
これが・・・
それじゃあ、姉さんが・・・
なんて思う、八雲

最後にあってくれ、話を・・・
と頼む、八雲

烏丸は
そうしたら天満が今の決断で
全てを決めてしまうからと拒む

しかし、それでも必死にすこしでも、なんとかと
説得、頼み、そして烏丸も了承。

そして呼び出される天魔

それにより一人になった播磨のもとへ
八雲が

八雲は播磨の胸に体を預けるように持たれかかる
播磨それを受け入れるが

なにやら一気にシリアスになったスクラン
どうなることやら・・・
しかし、これ、播磨ってこういうとき格好良いよなぁw
男の哀愁がでてますよw
  1. 2008/01/16(水) 18:40:49|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。