漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊少年サンデー21・22合併号

週刊少年サンデー21・22号

呪法解禁!!ハイド&クローサー 17話 / 麻生羽呂
さて、一体倒したて
もう一体、そこにパワー集中すれば
それなりにパワーアップと言う話。

神藤ペアはとりあえず見学
ハイドの希望です。

この対戦では、パワー対決となるようです。

ハイドが勝ちますが
ハイドはパワータイプのスタ、じゃなくて人形だそうです。

そうなれば、伝説の人の力で動いているのです
パワータイプ同士ならそうは負けない、らしい。

そして、呪術は術者に跳ね返ると言う設定で
術者のお子様一名、落下

しかし、春瓶が助ける、対した跳ね返りではないだなぁとか思ったけど

ここまで前フリ

なにやら、春塀の心臓云々の話を呪術者に説いて回っている人物がいるそうです。
助けたからかその少年が教えてくれました

えぇ・・・っと
ディオ登場ですか

少なくとも自分にはそう見えましたw

シルエットの格好よさがいまいちであります。
しかし、窓辺の男と言う全体のビジュアルちょっといいなぁと思ったりw

自分はディオと被って見えて結構なツボでした。

ところで、神藤センパイはどこで聞いたんだろう?

お茶にごす。 51話 / 西森博之
面白いわぁw
なにこれw

飯倉さんすごいわぁw

脅かし側に回って、ワクワクしてたけど
予想外のところで、驚かれてそれにつられて怖くなる。

皆で手を繋ごう!
安心を得るために副部長が提案

4人が輪になり手を繋ぐ

そこで、パニックになっている、飯倉さん

「私達4人しかいないのに何で皆両手つないでんの!!
2人余るはずじゃないのォ!?」

1列に並んでると思ったんだね、最高ですw

このパニック押し最高に面白いw

で、最後はあれでしょ?w
あれは反則だよw

そして出先だから青いのか?

それにしても反則過ぎるw
スポンサーサイト
  1. 2008/04/23(水) 20:30:16|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊少年マガジン21・22合併号

週刊少年マガジン21・22号

School Rumble(スクールランブル) 271話 / 小林尽
まぁ前回
まだもうちょっとつづくと
巻末のコメントを見て
まだ当分終わらないんじゃないか、と思ってしまうのは
何故だろう?

それはいいとして
荒れる播磨とお嬢の話再びか?

一途な想いの話かはたまた

これはあれか、順調に、伏線回収と言うか
まとめに入ってるのかな

まとまるのかな
それなりに続いてる漫画ですから

まとまるのかなぁと思うと楽しみではあるけど

さよなら絶望先生 136話 / 久米田康治
でも行進

このブログはいろんな意味で「でも更新」でお届けしておりますが。

デモ行進するも、
でも○○だしなぁっつったりなんかしちゃったりなんかして

よく分からなくなっていく、

金満球団強奪反対!でも弱い

なるほど、まぁまだ序盤ですわ。

このネタであるかなぁと思ったけど
ありました、某リンピックネタ

関係ないですけど、オリンピックがやるそうです。

さて、話戻しまして。
ひとつあげよう
でも選手がかわいそう

は、無いだろうw

五輪の開催やらに賛成の多くの人がいるだろうけど
いくらなんでも、人権問題絡んでんのに、
選手がかわいそうだからって理由で抗議に反対してるような
思慮が浅いと言うか、ズレた人はいないと思うんだが

選手がかわいそうなら、それこそ、弾圧受けてる人どうなるのか?と
状況を知らなくてもそれくらいは考えが及ぶと思うのだが

ネタにしてもないかなぁと言うw

この状況で選手がかわいそうなんて、まさか口が裂けてもいえないだろう

まぁ個人的には、オリンピックの「大成功」を心から祈っております。

オリンピックというはすばらしきものですよ。きっとおそらく。
さまざまな国、さまざまな人種

世界各国、それぞれの国でメジャーであったりマイナーであったり

そんな国の代表が大勢集まり、公平なルールの下で
公平にその努力を競い合う姿は、まさに平和の象徴ですね。

でも、視聴しないけど、と言うね
でもオチってことで。
  1. 2008/04/23(水) 19:04:46|
  2. 雑誌感想・水曜(サンデ、マガジン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。