漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さくらんぼシンドローム(7)

さくらんぼシンドローム7巻
北崎拓大先生のバカみたいに面白い漫画

週刊ヤングサンデー連載

さくらんぼシンドロームだけは命に代えてもオススメする!
えぇ、そんな勢いで行きたい。

壮絶です!
なんと言っても壮絶です!

まずは前巻から続く
阿川君と麻生さんのケンカは早々に解決

そこからは・・・
れなの失恋展開なんです!

ついに、この日が来てしまった!
恐れていた展開が・・・

体が若返っていく病気

そのとんでもない絶望感を味わったとき
れながすがったのはいまだ終わらない初恋の相手への想い

それが全てと、運命だと
思い込み、それだけが支えだった

しかし、失恋・・・
信じれらない
受け入れられない

その、たかが失恋だけど
今までその恋が自分の不幸から目をそらす、唯一のものだった
それがなくなった今
その運命かられなを守ってくれるものが無くなった
いやなかったと気づかされた

その絶望をどう乗り越えるのか
少なくとも、支えなしでなんとなるような不幸ではないわけで

そういった話になりますか

そしてまぁ、なんと言うか堕ちて行くれな
それをさせまいとする、阿川君と言った展開ながら

阿川君には、麻生さんがいるわけで
恋物語とは行かない

そしてなんと言っても阿川君の名言は
言葉自体ではなく
この展開で出るからこその重みもある

いままで、さくらんぼシンドロームが積み上げてきたものがあるからこその重み

「本当に麻生さんが運命の相手とは限らないのに?」

と言うれなに対して・・・
いや、これは読まないといけない

その後のれなのリアクションがまた・・・

説得力がなぁすばらしい

毎巻、展開知っていてもだ、これだけ楽しめるわけで
次巻もまたとても楽しみで

ボクはさくらんぼシンドロームが大好きです。
それが伝わればそれでいい。

さくらんぼシンドローム 7―クピドの悪戯2 (7) (ヤングサンデーコミックス)さくらんぼシンドローム 7―クピドの悪戯2 (7) (ヤングサンデーコミックス)
(2008/05/02)
北崎 拓

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2008/05/06(火) 22:51:18|
  2. 感想・少年・青年漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。