漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キラメキ☆銀河町商店街(3)

キラメキ☆銀河町商店街3巻
ふじもとゆうき先生の漫画

後半ネタばれあります注意

まずは簡単に

銀河町にある商店街
イケメン男子3人と女子3人
幼稚園のころからの幼馴染同年代仲良しグループ
そんな6人が繰り広げるコメディか
はたまたラブストーリーか

な感じです。
主要キャラを簡単に説明

三宅 千乃(みやけ ちの)
通称ミケ
八百屋、八百幸(やおこう)が次女
元気娘、運動神経抜群
「明るくて元気で色が白めで
チャーミングなそばかすと
赤毛のふわふわ頭が自分的に大ヒットでした!」
とは某山下君談、
某山下君は3巻登場、使い捨てキャラかと思われます。無念
それに対して「元気と言うより野性児」とはイバちゃん談
ミケはたいやきが好き

黒須 藍(くろす あい)
通称クロ
魚屋、魚一(うおいち)が次男
かわいい系な容姿と硬派な性格
運動神経抜群、超凄い
性格は6人の中では平凡か、
しかしミケに引っ張られる形もあり行動性が高い
キューティーと呼ばれると切れる設定があるが
1話以降そのエピソードはなし
クロはミケが好き

椎葉 杏子(しいば あんこ)
通称イバちゃん
米屋、椎葉米店(しいばこめてん)が長女
ちょっとぽっちゃり、怪力娘
性格など6人の中では一番普通か

佐藤 香澄(さとう かすみ)
通称サト
焼き鳥屋、鳥勝(とりしょう)が長女
めがねっ娘、おとなしい性格だが
アニメなどには目が覚めたように食いつく
オタクキャラ、アニメが好き

花咲 一休(はなさか いきゅう)
通称キュー
蕎麦処、花(はな)が長男
王子サマ系イケメン
キザ野郎か?モテモテ
銀河町の女性人気をクロと二分する人気
クロと比べたらかなりの軟派
接客態度はまるでホスト
一休と呼ばれるのを嫌がる
基本女性はみんな好き、
ただし心に決めた女性がいるらしい、クロ曰く万年片想い

白馬 守(しろうま まもる)
通称マモル
酒屋、白馬酒店(しろうまさけてん)が長男
目立たないが男前らしい
暗い、無口、ボーっとしてる
ポリスに捕まって、「ズボンは?」
と聞かれ、「あ、穿き忘れた」と言う人間
6人の中では違う方向で、ミケと並ぶ変人か
隣のトロルが好き

とこんな感じの6人が主人公
基本はミケとクロのコンビの話
2巻の巻末おまけで、ミケクロコンビ以外の話もできる
と作者であるふじもとゆうき先生は書かれているが
3巻でも二人の話が大半である
後半になって次巻からはもしくはと言う展開

1、2巻はもう安心して見れるそんな感じですが
1巻は中学生編として2巻からは高校生です。
2巻からはミケとクロの恋に注目
3巻になるとラブな話がラブラブ言ってます。(意味不明)

さてそんな3巻ですが
ミケが告白されたりと、ミケとクロの距離が縮まるのか!?
見せかけていろいろと新展開なんですよ。

3巻でキューには片想いの相手がいるらしいことが判明
それが誰かは次巻らしい、

さてさて3巻のハイライトは何と言っても
おたくの娘さん、と言うと違うもんになってしまうが

サトですよサト
サトと言ってもバットも投げたり
打てないのに5番任されたりしない方の。

佐藤香澄には好きな人がいる!

そんな!?まさか!?
サトはクロ×キューに夢中だと思ってたのに!(なんたる暴言!)

しかしサトも恋をした
サトはクロが好きらしいのさ!

もちろんサトは知っている!
クロの想い人を知っている!
そしてミケがクロを好いているのを知っている!

ビリー隊長!(完全に無関係も来日記念)
キュンキュン言ってます
僕の胸がキュンキュン言ってますよ!

「サトォオー!」
「サトォオー!」

もうあれです。
05年PO第五戦で逆転のホーム踏んだ福浦が
タイムリーを放った里崎を讃えるようにして
名前を連呼した時の様なそんな勢いで

僕も叫んだ「サトォオ!」

こんな切ないの・・・いやだよ
ふじもと先生・・・
恋がしたいですw

最高だ!青春最高!
僕もこんな青春過ごしたかったわ!

そうです、今回で一気にサトを好きになったのです。
これが二番手萌えですか?
イエス!二番手萌え

今年度二番手ヒロイン第1位の座はサトに大決定ですよ!
僕!イチオシ!大プッシュ!

恋も絡み
少しずつ大人になっていく6人
果たしてこの6人の関係は
時間とともに6人の成長と共に
変わって行くのか
それとも変わらぬままでいられるのか・・・

そんなキラメキ☆銀河町商店街第3巻です。
ふじもと先生の安定した絵も魅力。

自分は単行本はなので、4巻が待ち遠しいです。

余談
ふじもとゆうき先生の名前をみると
ゆうきとも師を連想するのは僕だけではないはず。

キラメキ銀河町商店街 1 (1) キラメキ銀河町商店街(1) (2006/04/19)
キラメキ銀河町商店街(2) (2007/02/19)
キラメキ銀河町商店街(3) (2007/06/19)
ふじもと ゆうき
白泉社

この商品の詳細を見る
  1. 2007/06/21(木) 01:12:46|
  2. 感想・少女・女性漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangayomihfuke.blog104.fc2.com/tb.php/54-edddde0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。