漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さくらんぼシンドローム 67話 / 北崎拓

さくらんぼシンドローム 67話 / 北崎拓
あぁれなよ・・・と言う67話

家を飛び出した、れな
それを追いかける、阿川
二人で会話です。

途中のれなの空腹の音です。

半ば強引にかな、阿川が誘い
食事、そこで、結局誘惑、空腹の苦痛には耐えられずにか

食事を取る、失恋のショックに食事も喉を通らない女も演じられない
と涙を流したりもしながら

とりあえず、表面上は明るさをみせる、れな、一歩前進か。

そして、二人は別れる・・・キスをせずに・・・
と思われたが、阿川がれなを捕まえ

自分の旅館に一緒に泊める、キスをする気になるまで、そばを離れない
同じ部屋で寝る、ちょっとやばい雰囲気も感じるが・・・

阿川のその必死さに、れなは、どうしてそこまでしてくれるのか?

まぁなぁ、やっぱ死ぬわけだからなぁ・・・
キスをしなければ、その人間が死ぬとして、放っては置けないだろうが
例えば男同士だったりしたら・・・辛い

まぁね、そんな阿川君に、れな、やる気出しちゃいました。

夜、阿川君が気付く、れなの異変に、
なんと同じ布団に入ってきてました。

そして、自分に出来ること・・・ってことでね・・・

「シていいよ」

だって、完全に間違ってるよw
まぁ阿川君も男だし、多少、まぁ欲求と言うものはあるだろうが・・・
恋人もいるわけだ、その他、もろもろ、もし欲求あっても
そこには行けないだろうw

れなの自己満足と言うか、自分を傷つけることでなんか
悲劇のヒロイン気取りたいみたいな!?

そんな感じがね

う~ん、もしねぇ、麻生さんがいなければ
れなと阿川が結ばれる展開と言えるかもしれないけどねぇ

れな、迷走の果てにどこへ行き着くのか。

はぁ、恐いわぁ・・・w

そして待望の6巻も先日発売されました。

さくらんぼシンドローム 6―クピドの悪戯2 (6) (ヤングサンデーコミックス)さくらんぼシンドローム 6―クピドの悪戯2 (6) (ヤングサンデーコミックス)
(2008/02/05)
北崎 拓

商品詳細を見る
  1. 2008/02/07(木) 17:54:58|
  2. ヤングサンデー雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangayomihfuke.blog104.fc2.com/tb.php/629-4e9d94b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。