漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊モーニング13号

週刊モーニング13号

宇宙兄弟 11話 / 小山宙哉
ムッくんの頭突き問題にゆれてますが

星加さんと言うね、JAXA職員のね、審査している人
ムッくん応援中です。

そんな彼の思い出、過去が語られます。

そしてムッくんも同じくして昔を思い出しています。

そんな星加さん、彼は昔JAXAに来る二人の少年、兄弟を見ていた。
ムッくんと日々人です。

何度も、何度も、いつも、JAXAに来ては、
JAXAのガイドのお姉さんが新人だったりすると
台本覚えるほど通いつめた二人の兄弟はちょっと困らせてしまったりする
ウザガキだったのですが。

そんな二人を見て、あんなのが将来宇宙飛行士になったりするんだよなぁ
なんてなんとなくいっていたりしたのが、宇宙飛行士の夢破れた、若き星加さん

そして時は経ち、宇宙飛行士になった日々人
そして目の前にはムっくんが採用試験に

星加さんは興奮していた。

幼い日の情熱、それを今取り戻そうとするムっくんには感動を覚える
一方星加さんはそんな幼い兄弟を見て一種夢を抱いていたのかもしれない

それが十何年の時を経て、蘇る感じだろうか
幼い頃に見た夢もいいが
大人になり、現実に挫折し、なんとなく無責任に持った夢。
それが現実のものになろうとしたら、それを無性に応援したくなって。

あぁもうなんか分からないけど。
すごく感動的なんだ、過去と現在が入り混じり
夢はまだ終わってないんだ!っていうなんていうか情熱がすごく感動的だった。

読みながら聴いていた
pet shop boysのalways on my mindの音のせいかもしれないけどw

まぁそんな星加さん、ムッくんの元同僚に接触
上司の悪い評判とかも聞いたりして
なんとかムッくんを推せるかもと、熱くなってます。

格好いいな。

ひまわりっ 健一レジェンド 84話 / 東村アキコ
健一レジェンドって感じの話でした。
全体的には、まぁそこそこな感じでしたが

碁石くらっている姉弟の姿は切なく面白いw

しかし思いつきでなんにも意味ない事を
嬉々としてやっている健一さんは
もう格好いいとしか言いようがないw

割れた碁石で遊ぶいつもの二人はなんか
やってる本人たちは面白いだろうが
見ているほうは別に面白くない。

と言う状況が笑えるから、困る。

営業の牧田です。 16話 / かわすみひろし
ムカツクッ!

なぜか牧田君がむかついて仕方ないですw
なぜでしょうね。

人がなぜそんなことで悩んでいるのか分からない時って
だいたい、そんな感じになるかな

嘘かどうかなんて関係ないんですよ。
本当だろうと、嘘だろうと、そんなもの関係なく。
信じられるのは今目の前で何が起きているかでしょう。

そもそも開発の人と会うのがまずい状況だってなら
偶然でも断ればいいじゃない。

偶然だからいいというのなら、嘘でも別に構わないだろう、と

なぜ偶然だと、良くて、嘘だとダメなんですか?
と思ったボク。

もし、その現場を見られたりしたら
「偶然なんです。」
で通る話なのか、と。

嘘と本当の境ってなに?

誰かボクに教えてください。

言葉は単なる道具でしかないけど
別に真実を伝えようと思えば伝えられるとおもうのだけど?

真実を伝えられないのは言葉の所為ではなく
それを出来ない、やらない、使う側の都合でしょうが

大事なのは嘘をつくか真実を語るかじゃなく
どっちを選ぶにしても、その覚悟があるかないかだ。

とボクは嘘をつく覚悟をした。
  1. 2008/02/28(木) 19:38:34|
  2. モーニング雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mangayomihfuke.blog104.fc2.com/tb.php/674-88a539e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。