漫画読みふけってます。

その昔、毎日マンガ読みふけってたんです・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊モーニング14号

週刊モーニング14号

かぶく者 28話 / たなか亜希夫 原作デビット・宮原
恋四朗、新九朗に助けられてはかなわないと
宗太郎の前に割って入るが

そのまま斬りかかる新九朗

恋四朗、その瞬間、気づく
殺す気だ、とw

その後に、死人に口なし
最後に自分が壮大に死んで見せると言うわけか!

と、そして、なんとかすんでの所で、避ける

新九朗、バレたか!と・・・w
そしてもう一人の宗太郎は、なにも考えずに、新九朗憎しと襲いかかる
でも、それがいいのか、美しさが出てきているようです。

三者三様と言いますか、これは面白いw

そして、そんな状況で、最初にしかけたのは・・・
新九朗!

宗太郎に斬られ死ぬ

ド派手もド派手。
豪快に、宙を華麗に舞うように散る

さぁ残された二人?どうする!?

毎回書いているけど、面白すぎる。

宇宙兄弟 12話 / 小山宙哉
兄が何やら思いつめてると言うか

弟はそんな兄の状態に疑問を持っている

まぁ兄、ムッくんの様子の変化は、落ちてるよなぁ・・・と

そして、弟が、兄にそれを指摘すると
ムッくんは答える。

おそらく、落ちる
日本に帰って他の仕事をさがす。


兄の人生はどうなるのか
落ちたら少年の夢は終わってしまうのかなぁ
ってことを考えると切ないね。

その瞬間に
希望に満ちあふれていた
夢に溢れていた少年時代が本当に終わってしまう
そう思うと悲しいね。

自分には、落ちた場合の展開は予想できないので
合格するとは思ってますが、さてどうなりますか。

営業の牧田です。 17話 / かわすみひろし
結局は牧田君のイタイ感じを楽しめればいいのだろうけどね。
なんだろう、牧田くんだけ特別な感じが見えてならない

他の人の苦悩がなかなか見えてこない
まぁ今のところ志保さんぐらいですか。

その辺なのかなぁ
どうも、こう自分がのめり込めない部分ってのは
まぁそれでも読み続けてはいますが。

あと今回、時間の感覚とか
志保さんと牧田くんの関係性と言うか、つながりが
上手くつかめなかった。

牧田君は自虐的すぎる気がしてねぇ
好感持てないよねぇ

でもさぁ、それこのブログにおける自分もそうだよなぁと思ったりw
たとえ真実であっても、あまりにその自虐部分を見えられるとうざったい
ま、自虐に限った話ではないけど

嘘をつかない偽善者と
嘘をつく正直者、とか言ってるけど

結局本人が思った、特になんのこだわりもなく、嘘をつけない
ってことが問題でしょう

そこに、覚悟があるかないかの問題であって、
嘘をつくとかつかない以前の問題ではないかと思うのです・・・

なんか、つまりそこ悩んでもなんの解決もしないだろう!
と思ってしまう。
だから、なんかまどろっこしい?みたいに感じる。
  1. 2008/03/06(木) 17:00:01|
  2. モーニング雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊モーニング13号

週刊モーニング13号

宇宙兄弟 11話 / 小山宙哉
ムッくんの頭突き問題にゆれてますが

星加さんと言うね、JAXA職員のね、審査している人
ムッくん応援中です。

そんな彼の思い出、過去が語られます。

そしてムッくんも同じくして昔を思い出しています。

そんな星加さん、彼は昔JAXAに来る二人の少年、兄弟を見ていた。
ムッくんと日々人です。

何度も、何度も、いつも、JAXAに来ては、
JAXAのガイドのお姉さんが新人だったりすると
台本覚えるほど通いつめた二人の兄弟はちょっと困らせてしまったりする
ウザガキだったのですが。

そんな二人を見て、あんなのが将来宇宙飛行士になったりするんだよなぁ
なんてなんとなくいっていたりしたのが、宇宙飛行士の夢破れた、若き星加さん

そして時は経ち、宇宙飛行士になった日々人
そして目の前にはムっくんが採用試験に

星加さんは興奮していた。

幼い日の情熱、それを今取り戻そうとするムっくんには感動を覚える
一方星加さんはそんな幼い兄弟を見て一種夢を抱いていたのかもしれない

それが十何年の時を経て、蘇る感じだろうか
幼い頃に見た夢もいいが
大人になり、現実に挫折し、なんとなく無責任に持った夢。
それが現実のものになろうとしたら、それを無性に応援したくなって。

あぁもうなんか分からないけど。
すごく感動的なんだ、過去と現在が入り混じり
夢はまだ終わってないんだ!っていうなんていうか情熱がすごく感動的だった。

読みながら聴いていた
pet shop boysのalways on my mindの音のせいかもしれないけどw

まぁそんな星加さん、ムッくんの元同僚に接触
上司の悪い評判とかも聞いたりして
なんとかムッくんを推せるかもと、熱くなってます。

格好いいな。

ひまわりっ 健一レジェンド 84話 / 東村アキコ
健一レジェンドって感じの話でした。
全体的には、まぁそこそこな感じでしたが

碁石くらっている姉弟の姿は切なく面白いw

しかし思いつきでなんにも意味ない事を
嬉々としてやっている健一さんは
もう格好いいとしか言いようがないw

割れた碁石で遊ぶいつもの二人はなんか
やってる本人たちは面白いだろうが
見ているほうは別に面白くない。

と言う状況が笑えるから、困る。

営業の牧田です。 16話 / かわすみひろし
ムカツクッ!

なぜか牧田君がむかついて仕方ないですw
なぜでしょうね。

人がなぜそんなことで悩んでいるのか分からない時って
だいたい、そんな感じになるかな

嘘かどうかなんて関係ないんですよ。
本当だろうと、嘘だろうと、そんなもの関係なく。
信じられるのは今目の前で何が起きているかでしょう。

そもそも開発の人と会うのがまずい状況だってなら
偶然でも断ればいいじゃない。

偶然だからいいというのなら、嘘でも別に構わないだろう、と

なぜ偶然だと、良くて、嘘だとダメなんですか?
と思ったボク。

もし、その現場を見られたりしたら
「偶然なんです。」
で通る話なのか、と。

嘘と本当の境ってなに?

誰かボクに教えてください。

言葉は単なる道具でしかないけど
別に真実を伝えようと思えば伝えられるとおもうのだけど?

真実を伝えられないのは言葉の所為ではなく
それを出来ない、やらない、使う側の都合でしょうが

大事なのは嘘をつくか真実を語るかじゃなく
どっちを選ぶにしても、その覚悟があるかないかだ。

とボクは嘘をつく覚悟をした。
  1. 2008/02/28(木) 19:38:34|
  2. モーニング雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊モーニング12号

週刊モーニング12号

かぶく者 27話 / たなか亜希夫 原作デビット・宮原
やばいなぁ
もう面白いねぇ、さて、完全なるアドリブに出た新九郎
どうなるか、二人が戸惑う中、まず新九郎、刀を取り出し斬りかかる。

そしてついに対抗し始める宗太郎、二人に拍手が送られる中。
恋四郎は二人を褒めつつも最後は自分が持っていく気でいる

新九郎が勝つのか?
恋四郎が勝つか?
それとも宗太郎か?

新九郎の活躍も見たいし
恋四郎がどこまですごいかも見たい
宗太郎の意地もみたい。

それぞれが、それぞれの思惑で、どうなるか、わくわくするなぁ。

宇宙兄弟 10話 / 小山宙哉
弟の成長を知っていくんだなぁ
そして自分の認識と周りの認識のズレも知る。

結構認めてるようで、認められなかったと言うか
弟への愛ゆえのコンプレックスがあるんだろうなぁ。
そして、弟から兄への期待が大きいのもまた辛いところか

さて、選考ほうですが
残り一枠2人、どっちがいいかなぁ
と言うところまできたみたいですが、しかし

どうやら、前職のことを調べられたようで、むっくんが頭突き食らわした上司が
あることない事、伝えたとか。

う~んどうなるかなぁ、
ダメ、と言う展開はあるんだろうか?

それともこれは乗り切れるのか?

ひまわりっ 健一レジェンド 83話 / 東村アキコ
これはひどいw

いやぁ笑ったわぁw

蟹江先輩が風邪でダウン
しかも奥さんが子供を連れて、実家に。

と言う、それを知った蝦ちゃんは・・・と言うねw
もちろん行きます、看病に

これは!不倫の予感!
と言うわけでアキコは焦ります。

そして健一2号は副主任に、カメラを渡される。
そう撮って来い、と決定的なスクープを・・・

そして撮ってきたのは、不倫の現場どころか、
奥さん帰ってきて、蝦ちゃんをひっぱたいてる、修羅場でしたw

いやぁ声がねぇwひどいもんですよw
大声上げて笑ったわw

なんか分からないけど、蟹江先輩の奥さんと、蝦ちゃんは和解したようで
蝦ちゃん、なんか奥さんのこと評価してるみたいよ、なぜかからないけど

今回はかなり笑ったわw
やっぱ、ひまわりっは面白いなぁと思いましたよ。
  1. 2008/02/21(木) 18:51:39|
  2. モーニング雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊モーニング11号

週刊モーニング11号

宇宙兄弟 9話 / 小山宙哉
張り合えと言われて即奮起とはいかない様子。
兄はいつから、諦めてしまったのかな、
弟に抜かれた思ったあたりからか。

きっとこっそり努力したんだろう

いや分からんけど。

弟は、兄を追いかけて頑張ったのに
兄はいつのまにか、準備期間で止まってしまっていたか。

弟に言われても、いまいち踏ん切りつかなかったけど

近所の老夫婦に言われてやる気出したか
何か一つ足りない、ネジの一本足りない弟
その弟に足りないネジは、兄の存在じゃないのか?

老夫婦は言った弟に兄の話を聞いても
今は準備中としか言わなかったらしい

ずっと待ってたお兄さんがやってきたわけです
その兄はそろそろ本気になるのかな?

張り合い方に愛らしさを感じるw

ひまわりっ 健一レジェンド 82話 / 東村アキコ
黒、黒木くんw
嫉妬に狂う黒黒木くんですかw

分かりにくw

いやぁまぁでもいいもの見せてもらったわぁw

黒木くんって最初からこんなキャラだったっけ?
なんかすごく、キャラが掴めませんw

黒木君、健一2号の恋の相談に乗ってあげると言って
ド、ドレッシーな喫茶店に入る。

そこの店員さんが可愛いいらしく、
黒木くん、もう少し顔なじみになったら、アタックするそうです。

その女性へのアタック方法、例えば?
と聞かれての答え。
流行のラブソング集めてマイベストCD作って渡す。さすがだね。

さて、そんな話をしていると、注文をとりに店員さんいらっしゃいました。
コーヒーを頼んだ二人ですが。
健一2号、コーヒーとだけ言ったら、いろんな種類があるますが?
と言われたので、ネスカフェをと答えた。

そしたら笑われた、お客さん面白いですねー
見た目は超かっこいいのにーっ

どうやら、後の発言が引っかかったらしい。
黒木くんが、黒黒木君になってしまった!

そして健一2号へ、復讐というなの悪戯を仕掛ける!
こっくりさんで、あきこちゃんの好きな人を捏造しよう作戦!w

コックリさんをまんまと信じる健一2号w
最終的には失敗に終わるが、あっさり自分の仕組んだことだと
自分の心境の変化まで分かりやすく説明する黒木くんw

まぁいろいろと見所あったけど。

一つ気になったのは、豊国印刷の小池さん。

営業の牧田です。 14話 / かわすみひろし
ひどい、牧田さんひどいわぁ

回想シーンもだめだし
なんか仕事に関してもさぁ

どんどんダメになっていくように思う。

なんと言うか牧田さんは
いったい何がしたいのか分からない。

この漫画もどうなるんだろうか。
  1. 2008/02/14(木) 20:37:45|
  2. モーニング雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊モーニング10号

週刊モーニング10号

かぶく者 26話 / たなか亜希夫 原作デビット・宮原
いやぁ面白い。
本当面白い。
盛り上がってまいりました。

芝居も大詰め、出番の終わった新郎ですが
八ツ橋が次郎左衛門に切られる最後の見せ場
まぁそこに出させてくれと、つまり話を変更してくれと

恋四郎は承諾して、自分が切られた後に、栄乃丞も切られて終わり
と言うことになった、まぁもちろん宗太郎は聞かされない

その宗太郎ですが、
もう屈辱に怒り狂うって感じですか。

自分はこの芝居で初めて拍手をもらえたが
それは素の自分に対して、芸に対してではないのでね
屈辱と

まぁ最後の見せ場で見返すと意気込んでますが。

さぁその見せ場、八ツ橋と次郎左衛門が二人きり
そして宗太郎渾身の演技で恋四郎に切りかかろうとすると

立ちはだかっている、新九郎演じる、栄乃丞が立ちはだかっている
恋四郎のプランとは違う登場、恋四郎を出し抜きたいと
いや、かぶきたいということか、さて、勝つのは誰か!?

この展開、なんか格好良いぞw

宇宙兄弟 8話 / 小山宙哉
NASAに来たよ。

と言うムッくんです。

そして、そこにいるのは
もちろん弟ですよ、日々人くん

この再会、いいねぇ

久々の再会に会話、性格が分かる感じで描かれます。

変に几帳面な兄
大雑把で面倒くさがりの弟

弟は兄に期待するが
今では二人の距離も離れすぎた
弟は自分と同じような期待を兄にもするけど

並んでいたのは昔のこと
今と昔は違う

弟の一言

「昔と違うところがあるとすりゃむっちゃんが
昔みたく張り合わなくなったってことだ」

そしてもっと張り合えと、つまんねえよ、と

それを聞いて兄思う

「チクショー日々人め・・・
俺のことずっと・・・
つまんねえって思ってたんなら・・・
もっと早く言ってくれよ」

良いねぇ、張り合ってくれ。
やる気になった兄が見たい、必死に足掻く兄が見たい。
  1. 2008/02/07(木) 20:46:15|
  2. モーニング雑誌感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。